翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です

 

Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

 


 

 
ここは日西翻訳通訳研究塾ホームページの「よくある質問」ページです
  

よくある質問とその回答集

=== その他
 (Q) ===

ご質問はメールにてお寄せ下さい

 

質  問

 

答    え


01)
 
職場にコンピュータがあるので、ファイルのやりとりは可能なのですが、家にはPCがありません。FAXでの受講じゃダメでしょうか?

この通信添削講座は、添削を分かり易く表示するため、色を変えています(添削例参照)。 したがいまして、FAXですとその色がでませんので、非常に分かりにくいものになってしまいます。さらに、手書きになりますので更に判り辛いものになります 。このような理由で、FAXでの受講を受け付けていません。ご理解下さい
 
   

02)
 
FAXではダメなのですか。では、郵便でなら、どうなのですか?

残念ながら、郵便やFAXでの通信学習はお受けできません。理由は、この上の01)とまったく同じです。 また、手間が倍増してしまいます。可能な限り皆様の負担(受講料)を軽くするためにも、ネットを介する方法に拘っています。但し、例外もあります。 こちらをご参照下さい
 
   

03)
 
受講生は通学塾の参観もできるとありますが、本当にお邪魔してもよいのですか?

ハイ、もちろんです。但し、受講料のページにも掲載してありますように、6ヶ月以上の受講実績をお持ちの方で、お一人1回のみでお願いします。尚その際、通学生と何等分け隔てのない授業を受けていただきますので、その回の通信添削は行いませんので、あらかじめご了承下さい。尚、各クラスの受講者数の都合(1クラス最大人数に達している場合など)で、お断りしなければならない場合もあります 。この点についても、あらかじめご了承下さい。通学塾への一日参加をご希望の場合は、最低1週間程度の余裕を持って、事前にお知らせ下さい
 
   
04)
できれば、先生方のお手本を見せて頂ければありがたいのですが、だめですか?つまり、模範解答がほしいのです

大変申し訳ないのですが、お手本と言いますか、解答例というのは配布(配信)しておりません。その理由は、100人が翻訳すれば100種類の翻訳が可能で す。翻訳は1+1=2ではないからです
もう一つ理由があります。それは、所謂「お手本/見本」があれば、「へぇ〜、なるほどね」っと、関心して頂いたとしても、受講生の翻訳とはかけ離れている(感性の違い)ことから、絶対に身に付かないので す。よって、模範解答は、「なるほど」と納得したり感心したりすることには役立ちますが、まったく無意味な存在なのです。質問者の気持ちは 痛いほどよく分かりますが、それが実体なのですが、多くの方がこのことに気付いておられません
 
   
05)

答案作成の要領や送信方法は決まっていますか?例えば 、行間とか、活字の大きさなどです
 

フォーマットが統一されていますと、添削する側は大変 ありがたいので、一応決まっています(こちらを参照)。しかしながら、PCにお強い方ばかりではないことも理解しておりますので、様式設定についてこと細かくは申し上げません。基本的には、小塾から送付するテキストをそのまま利用し 、その紙面に回答し、それを保存して頂ければ、それで十分です

   
06)