Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語能力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です


Mascota
"Umi-chan"

 

各種お問い合わせ

各種お申し込み

 
ここは日西翻訳通訳研究塾ホームページの「通信教育の通訳ガイドコース」ページです
     

『観光通訳案内士(ガイド)試験』対策添削講座

 

「翻訳添削講座」&「作文添削講座」(日本もの課題)
(Curso apto para la Preparación del Examen Estatal de Guía-Intérprete Turístico a través de e-Ten)

 


レ ベ ル と 受 講 の 目 安

観光通訳案内士の国家試験(通称:通訳ガイド)の筆記試験(スペイン語)を合格するには、小塾の能力レベル設定における、セミプロ級、若しくは応用級(*1)の能力を有することが望ましいと考えています
通常のe-Ten受講同様、「無料レベル判定」を受けられた上での受講が望ましいのですが、右記の力をお持ちの方(*2)は今すぐにでも(*3)受講開始が可能です
 
(*1) 個人差・当日の試験の出題傾向の得手不得手等々、様々な要因があり、事実過去には、セミプロ級の方が不合格だったのに対し、その下の応用級や或いは準応用級の方がスペイン語試験を合格されたと言ったこともありました。したがいまして、上記はあくまでも参考程度で、スペイン語の能力は高いに越したことはないというだけのことです。しかしながら、ある程度のレベルを有していなければ小塾での「訓練」にもついて行けないという事態も発生しますので、受講に際しては、小塾の「基礎」レベル以上が最低限とさせて頂きます。また、作文が含まれる講座の受講は「準応用」レベル以上が要求されますのでお気をつけ下さい。あしからず<<(_ _)>>
(*2) タイトル取得済みか否かは問いません。自己申告のみで大丈夫です
(*3) 但し、月の中途からは始めることはできません。あしからず

 

受講に際し必ずお読み頂きたい
最重要項目がページの
下部にあります
スペイン語能力レベル参考比較

↓          ↓

↓          ↓

↓          ↓

西  検

DELE

3級程度以上 中級程度以上
または
小塾「基礎」レベル以上
作文がらみの場合は
小塾「準応用」レベル以上
 
 




課題のテーマは、いわゆる「日本もの」です。歴史・地理・文化等々あらゆる日本を題材としたテーマから月に2課題 ((和西×1)+(西和×1))出題されます
和西翻訳の課題は原文≒10行程度 (*4)
西和翻訳の課題は原文≒12行程度 (*4)
(*4) 行数などは「標準設定」を基準とします。なお、テキストの文脈などの都合上、必ずしも予定通りという分けにはいきませんので、この点 はご了承下さい
 




課題のテーマは、いわゆる「日本もの」です
歴史・地理・文化等々あらゆる日本を題材としたテーマから月に2課題が出題されます
決して先に日本語作文をしてからそれを翻訳しないで下さい (但し、頭の中で日本語作文されたものをスペイン語に転換する方法は除きます)
スペイン語作文の分量は最大10行までに留めて下さるようおねがいもうしあげます (*5)
(*5) 上記規定以上 の行数が書かれていれば、それ以上の行数については添削しかねますので、ご留意かつご了承下さい
 
受講料は各講座共1ヶ月(2課題添削) : 6.200円 (消費税込)
(最低受講期間=3ヶ月)(新規入塾、又は、3年以上の休塾者は入塾金 : 11,000円が必要です)
(年に一度の「未提出答案救済キャンペーン」の対象講座です)
「翻訳」と「作文」の両方を一度に受講する方法など、様々な受講方法があります。詳しくは、この左側にある「受講料を見る」ページ、および、「よくばりコース」ページでご確認下さい
 
 
 受講に際しての最重要注意点
(但し、試験対策として受講されない方はこの欄をお読み頂く必要はありません)
 
他の講座とは異なり、本講座は、『試験対策』的な要素が含まれています
そこで、その効果を高めるため、辞書類や参考文献などを使用せず、可能な限り自力で回答するようにして下さい
また、回答に費やす時間を20〜30分程度にするなどの時間制限もあわせてご自分で課されるとより効果的です
もっとも、100点満点の答案を提出しようと頑張る必要はまったくありません
ベテラン講師による添削や評価を受けるために受講されているのですから
 

添削見本を見たい

 

講 師
松井 賢治


松井講師ほど本コース、つまり、「日本もの」の担当講師として最適な人物はそうそうはいないと思います
無論、通学塾の「通訳ガイド講座」の翻訳講座も担当されています
その理由)
(entre otras)
1) 歴史・地理・文化など、様々な側面から日本を紹介した
“Facetas de Japón. Libro de texto sobre Japón para los estudiantes hispanohablantes del idioma japonés.”(メキシコにて出版)(日本名:「日本あれこれ」)をスペイン語で著された
2) 約4年間、マドリードのコンプルテンセ大学国際研究所に所属し、「日本学」をスペイン人学生に講義するなどの素晴らしい実績と経歴をお持ちです
詳細はこちらへ===>>「講師紹介ページ」