Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語能力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です


Mascota
"Umi-chan"

 

各種お問い合わせ

各種お申し込み

 
 
 

『日本をスペイン語で表現する』添削コース (総称:日象)
(Curso para Expresar Japón en español a través de e-Ten)

 
略 称 呼 称 特 徴 翻 訳 作 文 月間課題数
U  日象翻訳 G  和西01+西和01の日本事象を翻訳 ×
GTW  日象ダブル翻訳 I  和西02+西和02の日本事象を翻訳 ×
UR  日象作文 H  日本事象をスペイン語に作文 ×
URW  日象ダブル作文 J  日本事象をスペイン語に作文 ×
CY  日象作文&翻訳 K  UとURを隔月に学ぶ (最低受講月4ヵ月)(*)
(*) CY以外の講座の最低受講月は3ヵ月

レ ベ ル と 受 講 の 目 安

小塾能力レベル設定内の準応用級(これを含む)以上に相当する能力があれば受講可能
通常のe-Ten受講同様、「無料レベル判定」を受けられた上での受講が望ましいですが、右記 相当の能力をお持ちの方(*1)は 、レベル判定を受けずに今すぐ(*2)にも受講可能
 
(*1) タイトル取得済みか否かは問いません。自己申告のみで大丈夫です
(*2) 但し、月の中途からは始めることはできません。あしからず

受講に際し必ずお読み頂きたい
最重要項目がページの
下部にあります
スペイン語能力レベル参考比較

↓          ↓

↓          ↓

西  検

DELE

3級程度以上 中級程度以上
または
全国通訳案内士有資格者
 




課題のテーマはすべていわゆる「日本もの=日本事象」
和西翻訳の課題は原文≒10行程度 (*3)
西和翻訳の課題は原文≒12行程度 (*3)
(*3) 行数などは「標準設定」を基準とします。なお、テキストの文脈などの都合上、必ずしも予定通りという分けにはいきませんので、この点 はご了承下さい
 




課題のテーマはすべていわゆる「日本もの=日本事象」
日本のあらゆる事象を課題に、受講生が、その事象(例:「大阪城」・「おもてなし」・「カレーライス」等々)について知っていること、或いは調査した上でスペイン語で作文して下さい
事前に日本語作文をしてからそれを翻訳しないで下さい (頭の中で日本語作文されたものをスペイン語に転換する方法は除きます)
分量は10行前後 (*4)
(*4)  規定以上の行数については添削がされない場合があります。ご留意かつご了承下さい
 
 
受講料は各講座共1ヶ月(2課題添削) : 6.200円 (消費税込)
(最低受講期間=3ヶ月)(新規入塾、又は、3年以上の休塾者は入塾金 : 11,000円が必要です)
(すべて、年に一度の「未提出答案救済キャンペーン」の対象講座です)
 
 
 受講に際しての最重要注意点
(但し、試験対策として受講されない方はこの欄をお読み頂く必要はありません)
 
ブラッシュアップの効果を高めるため、可能な限り、辞書類は使用せずに自力で回答するようにして下さい(例:西和翻訳の場合には西和辞書を使用しない。また、作文の場合には、和西辞書は使用しない)
また、回答に費やす時間を20〜30分程度にするなどの時間制限もあわせてご自分で課されるとより効果的です
100点満点の答案を提出して頂く必要はありません。そのためにベテラン講師が添削をしたり、助言をさせて頂きます
 

添削見本を見たい