Blog de Iberoamigos

 

「スペイン歌曲って、何ですか?」

Categoría : 音楽  Megumi Tani  2009 年 7 月 28 日   17:17

過日の私の第19回リサイタルご案内に嬉しいコメントをいただきました。ホッとして、リサイタル恒例の悩みを書かせていただきたくなりました。恒例かつ最大の悩み、それはスペイン語!です。リサイタルのお客様の大半はスペイン語をご存じありません。言葉の壁にいつもご不満が出ます。下記は、拙ブログ(7月24日付)の転載です。Blog de Iberoamigosでお読みいただくのは申し訳ないような内容ですが…。

************************************************************************************

いつもコンサートに足を運んでくださる方からお便りをいただいた。「リサイタルを楽しみにしています。ところで今さらですが、スペイン歌曲というのは何ですか?スペインの曲をスペイン語で歌うことですか?外国の曲をスペイン語で歌うことですか?カルメンもスペイン歌曲ですか?」とある。「とんだ音楽音痴でごめんなさい」と私を気遣ってくださってもいる。なるほど…。これが大半のお客様の本音だろう。親しく応援してくださる気持ちから、勇気をもって書いてくださったのだ。

スペイン歌曲とは、スペインの作曲家による声楽作品の総称である。日本とは事情が異なり、各地の民謡を編曲した作品も多い。スペインの伝統的なオペレッタであるサルスエラや、オペラもある。スペイン語圏という広い世界に目を向ければ、中南米の作曲家の作品も私のレパートリーに含まれる。ちなみにフランスの作曲家ビゼーが作曲したオペラ「カルメン」はスペイン歌曲ではない。

スペイン歌曲をスペイン語で歌う。言葉の壁は承知している。それでも原語で歌う。「歌」とは、詞、旋律、リズムが一体になったものと考えるからだ。歌詞をすげかえれば、それは別の作品になってしまう。たったひとつの言葉でも、それをどの音にどんなリズムで乗せるか、作曲家が込めた思いを大切にしたい。もちろん言語の構造から来る訳詞の難しさもある。スペイン語では一つの音符にのせられる言葉が、日本語では三倍くらい?の長さになる。オリジナルの内容をすべて表そうとすれば、どの曲も7番も8番もある歌になってしまう。素晴らしく魅力的な訳で広く人々に知られている曲があるが、これはもう訳詞ではなく「作詞」である。言葉の都合で原詞とかけ離れた内容になっていれば、これは別の作品だ。

意味の分からない歌を延々と聞かされるのは間違いなく苦痛である。コンサートでは、スペイン語での演奏にできるだけ寄り添っていただけるよう努める。「歌詞大意」をお渡しし、演奏の合間にはオシャベリで曲の内容、エピソードをご紹介をする。気に入れば拍手をしていただき、笑いたければ遠慮なく笑っていただく。コンサートを忍耐の時間にしたくない。また、してはいけないと思う。「スペイン語が分からないから…」その言葉を思わず忘れて、心から楽しんでいただきたいのだ。

最後はありったけの想いをこめて、歌う。音楽の力を信じて、歌う。それでも、ご不満は出る。でも本当に、それしかできない。

************************************************************************************

お客様のお気持ちもよく分かるのです。しかし一方で、どれほど尽くしても、ただただ「言葉が、言葉が、、、」と言い続ける方々を前に、自分が女ドン・キホーテのように感じられることがあります。私は、どこへ向って、何に向って歌っているの?

でも、それでも、歌おう、と思うのです。スペインの歌が本当に大好きなのです。

Comentarios :  
 

6 Comentario(s) para esta comunicación

 
pan con tomate Dice :

スミマセン。
私もスペイン歌曲には素人なのです。
とは言っても、カルメンやセビリアの理髪師やボレロがスペイン歌曲ではないことくらいは知っているつもりです。それとも、そうなんでしょうか?
この程度なんです。
お忙しい方だとは思うのですが、この程度の人間でも分かるように、例えば、日本の場合と比較してご教授いただけますか?
日本歌曲ってあるのでしょうか?
歌謡曲ではなくって、スペイン歌曲と同等のカテゴリーは?
あるのであれば、それを専門に歌っているクラシックの日本人歌手っているのでしょうか?
宜しくお願いします。
もしなにかこう、とっても頓珍漢なことを言っているとすれば無視して下さい。

 
 
Megumi Tani Dice :

pan con tomateさん、初コメントありがとうございます。美味しそうなお名前…ですね!!
仰るとおり、カルメン、セビリャの理髪師、ボレロはスペイン歌曲ではありません。カルメンはフランス語のオペラです。煙草工場の女工さんがフランス語を話しているというのは変ですが、いつか「アイススケート版カルメン」なるものを見た時は、もっと不思議な気がしました。
「スペイン歌曲」と同等のカテゴリーとして「日本歌曲」は存在します。日本では、イタリア歌曲、ドイツ歌曲などとともに日本歌曲を取り入れたリサイタル・プログラムを組む声楽家が多いのではないでしょうか。中には、日本歌曲専門で歌われる方もいらっしゃいます。
歌謡曲と日本歌曲の住み分け?は、昔よりも、ずっとゆるやかになったように思います。「いい歌はいい」と考える、あるいは感じる方が増えて来たのでしょう。嬉しいことです。
ごめんなさい。これで、お返事になっていますか?

 
 
Komai Dice :

Megumiさん、こんばんは。お悩みのご様子、音楽は素人ですがお邪魔します。

聴きに行かれる方は「スペイン語がわかればもっと内容がわかって面白いのに」とちょっと残念に思われているのでしょうか。でもそうかといって、Megumiさんに日本語で歌って欲しいと仰っているのではないように思われます。

わたしは過日他界したMJの「スリラー」という曲が割りと好きですが、肝心な歌詞は「スリラー!」の部分しかわかりません。それでも結構楽しめています。
「歌詞がわかればもっと」というところはありますが、音楽はそれだけではないように思われます。

Megumiさんの歌を聴きに行かれる方も十分楽しんでいて、それでも敢えて言えば歌詞がわかるともっといいなあ、とおもってのご感想なのでは、とも考えます。

相互に楽しめる方法としてはみんなで一緒に歌えるリフレインタイムを設ける、などはどうでしょうか。もうすでに実行されていらしたら申し訳ありません。なかなかリサイタルにもお伺いできず、的外れのコメントでしたらお詫び申し上げるしだいです。

 
 
Megumi Tani Dice :

Komaiさん、故郷コンサートのために帰省していて、お返事がすっかり遅くなりました。ごめんなさい。
現実は「日本語で歌ってほしい」と思っているお客様がとっても多いのですよ…。音楽を楽しむ以前に「言葉が…」と立ち止まってしまわれる方が多いようです。スペインで私がドイツ歌曲や日本の歌を歌っても「言葉が…」と言う人は誰もいませんでした。感じ方の違いでしょうけれど、不思議な気がします。今回の故郷コンサートではスペイン語での演奏に加えて、スペイン語+日本語訳詞(作詞?)でも歌ってみました。大半は「意味が分かって良かった!」という予想通りの反応でしたが、中には「並べて聴くと、スペイン語の流れるような響きがとてもきれいに感じられました」という嬉しい感想も!!まぁ、めげずにやっていこうと思います。
コンサートでは「Cielito lindo」を全員で大合唱!(もちろん、カタカナ付の楽譜を準備して!)楽しかったです。

 
 
Komai Dice :

Megumiさん、こんにちは。門外漢の的外れなコメントで申し訳ありませんでした。日本語のご要望も出ていたのですね。

それにお応えになっていらっしゃるMegumiさんは素晴らしいと思います。試行錯誤やお悩みも多いこととは思いますが、先駆者というものは常に孤独で、かつ人のやらないことをやるための苦しみがついてまわることでしょう。しかし、無責任な言い方ですが、人ができないことをやり、かつそれで悩み苦しむという特権は、全ての人に与えられているわけではないのでしょう。(全ての人にチャンスはあるとは思うのですが)どうかこれからもがんばってください。応援しています。と、同時に自分にもそのようなチャレンジャー精神を培うように努力しよう、と励みにさせていただいております。

 
 
Megumi Tani Dice :

Komaiさん、嬉しいエールをありがとうございます。…と言いつつ、実はそんな立派な心じゃないんですよ。「もう、どうして分かってくれないの(怒)!」と内心ヒステリーを起こしつつ、顔は笑って!!というところです。
スペイン語の歌の日本語化?ばかり問題になりますが、日本語による日本の歌すべてがピッタリ来るか、というと、そういうわけでもありません。要は「旋律にのせて何かを語ること」そのものが、フシギな行為なのかもしれません。

 

Dejar comentarios

コメントはログイン後にお願いします。 LOGIN