Blog de Iberoamigos

 

2歳児の語学学習

Categoría : ママさん学習, 海外在住者  ayumi  2009 年 4 月 10 日   01:07

改めまして、ブログ開設おめでとうございます☆

気づけばこんな素敵なカテゴリーが設けられているのですね。さっそく投稿してみます。

わが子はもうすぐ2歳半。

最近どんどん活発になって、相手をするにも赤ちゃん相手の(どちらかというと)気力勝負から本格的な体力勝負になってきた

そんな彼女の言語環境は

私(母)は日本語で話しかけ

主人(父)はカタルーニャ語で話しかけ

お義母さん(おばあちゃん)はスペイン語で話しかけ (←カタルーニャ長いけど、アンダルシア出身らしいのです)

私たち(家の大人たち)はスペイン語で会話を交わし

幼稚園に行けば先生をはじめカタルーニャ語…。

生まれたときから周りからもよく言われました。

語学教育、どうするの~?と言われれば、もちろん、日本語をおろそかにするつもりはないですよ、と応え、すると、大変だよ~きっと、とか、いいチャンスだよ~、頑張ってねー、とか、大変だけど、それだけの価値はあるよ~、などなど。

しかし実際のところ、20歳過ぎまでどっぷり日本語オンリーの言語環境で育ってきた私に、生まれるや否や多言語環境という状況は想像もつかず、どうやって言葉を学んでいくんだろう??とはてなだらけでした。

どうやって…なんて、すべてが学習の赤ちゃんにとっては愚問だったかもしれない。身の回りにあるものを、とにかく吸収していくんだね。

言葉数が増えた最近は、日常よく使う単語なら、話し相手によって使い分けるようになってきました。

私が「リンゴが欲しいの?台所のおばーちゃんところに言ってもらっておいで」と言えば

娘はしっかり、台所でお義母さんに「マンシャーナ(manzanaと言いたいのでしょう)、マンシャーナァァ」と頼んでいるではないですか。…てにをはもまだつたないというか、彼女の語彙にはまだほとんど存在しないのに、もうその切り替えができるとは、素晴らしい…と思うのは、親ばかかな・・・。

と思えば、やはり困ったことも。

この前幼稚園に迎えに行くと、娘はちょうど先生に言葉をなおされていました

「Akemi de mamá, no! Mamá de Akemi ¿eh?」

…やっぱり形容詞などの語順はちょうど反対だから、日本語とスペイン語(もしくはカタルーニャ語)で混乱するみたいで、特にどっぷりカタルーニャ語環境の幼稚園から帰りたては、日本語で会話しながら「ズボンのパパ」と言ったり(「パパのズボン|と言いたいんだよね)私といる時間が長い(日本語環境)時はスペイン語でも「パパ シャパトォ」(zapatos de papá と言いたいんだよね)と言ったり…。こういうときは、大変よのぅ、とわが子ながら思います。

しかし、すでに、娘のカタルーニャ語は私にはわからないものもあり、若かりしころ真面目に日本語をかじったことのある主人も、娘にはすでに日本語レベルで追い抜かれたと感じるみたいで、

いつしか近い将来

「お母さんのスペイン語、間違ってるよ~!」とか「スペイン語の発音、変じゃん!」「なんでお母さんカタルーニャ語分からないの~?」と無邪気に冷たく言われてしまうんだろうなぁ、と想像すると、面白いような、寂しいような。

あぁ、これも人生…。

Comentarios :  
 

5 Comentario(s) para esta comunicación

 
baqara Dice :

ayumiさん、2歳のお嬢ちゃまのかわいい言葉の数々に思わず顔がほころんでしまいました。すでに三つの言葉を操り始めたご様子、毎日楽しいですね。我が家の小学生の子供二人も、昨年チリから戻るまでは英語、スペイン語、日本語の同時学習でした。
ayumiさんのお嬢さんの場合、ご家族が三つの言葉を話されるので、初めは多少の混乱があっても、きっと三つとも習得する素地ができあがることと思います。すでに兆しが見えていることですし、本当に素晴らしいことですよね。
もちろん、本当に遣えるようにしてあげるのは、生活や学校で使わない言語の場合はだんだんと大変になるかもしれません。でもその過程を見守るのも楽しいことですよね。がんばってくださいね。またかわいい「マンシャーナァァァ」などの報告楽しみにしています。

 
 
ayumi Dice :

baqaraさん、コメントありがとーございます!!そーですよね、学校が始まると、英語も加わるんですね・・・すごいことになりそうですが、本当に子供の吸収力には驚かされる毎日です。確かに、幼稚園が始まると、カタルーニャ語の割合がどんどん増えて、これは日本語の方をしっかり頑張らなければ、と思い始めているところです。Baqaraさんは昨年チリから帰られたとのことですが、ということは、今度はスペイン語の方が大変になるのでしょうか?お互い、頑張りましょう!

 
 
anchoa Dice :

baqaraさんもayumiさんも健闘されているのを見ていますと、私の20年前を思い出します。
娘の場合、スペインで生まれた後直ぐに日本での生活で、外では日本語、家の中ではスペイン語の生活に加え、毎年1~2ヶ月間スペインで過ごさせていたました。
その後、小学校に上がる前にスペインに半年間住まわせ、帰国後日本語に戻るのに約1ヶ月かかり、幼稚園でかなり苦労したようです。
でもその後は完全なバイリンガルになりました。この半年間のスペイン語漬けが奏功したようです。
娘が生まれる前に、「12歳までにしっかりと日本語を日本語環境で育てるように」とある人に助言され、これを実行したのです。大成功でした。現在はスペインに住んでいて100%スペイン語の生活をしていますが、日本語は当然まったく忘れていない(24歳になって忘れていないのでもう忘れることはないか?…と)ので、あの時に言われたことを信じて本当に良かったと思っています。
娘の場合はバイリンガルでしたけれど、ポリーグロタだって十分に可能だった、英語環境にも同時においてあげれば良かった、とこの点だけが悔やまれます。

 
 
baqara Dice :

anchoaさん、完全なバイリンガルに育てられたなんて素晴らしいです!尊敬です。
我が家の子供たちは幼稚園を日本のインターナショナルスクール、小学校低学年もチリでは米国系のインターナショナルスクールで過ごしたので、
初めは親の意志でなんとか頑張ろうと思っていた日本語がだんだん怪しくなり、帰国直前はかなり焦っていました。(漢字の勉強も追いつかなくなるし、語彙不足の上イントネーションが変!!)でもそんな心配は無用だったようで、帰国直後は英語オンリーだった姉弟の会話も3ヶ月するころには日本語になり、読み書きもすっかり追いつきました。(もちろん初めての日本の学校で苦労もしましたが・・)けれども、ayumiさん、その通りです。あんなにネイティブと変わらず操っていたスペイン語は、今かなり怪しいです。英語は維持する環境があるので、なんとかキープしておりますが、スペイン語は親の怠慢と分かっておりますが、anchoaさんのおっしゃるとおり、まず12歳までにせめて一つの言語をしっかりさせてあげなくてはいけませんよね。今は日本語をしっかり学ぶ時期と割り切って、スペイン語に関しては「耳」ができているのだからあとは本人が後々頑張ればいいと、達観((^_^;)しております。
何語を学ぶにしろ、この語学の「素地」があるというのは、30歳近くになってスペイン語を始めた母からは、本当に羨ましい限りです。

 
 
ayumi Dice :

Anchoさん、baqaraさん、貴重な体験談、ありがとうございます。12歳までに日本語を日本語環境でしっかりと、なんですね。やっぱり日本語は他の言語に比べて難しいのでしょうか…。私はスペイン在住で、今のところ今後も日本に住む予定はありません。日本の小学校では、スペインが夏休みに入ってからもまだ一ヶ月ほど学校があって、その間だけ授業に参加できるプログラムもあると聞きました。そういうのを使ってやっていこうかな、と漠然と思っていたのですが、もっと意識的に、年に一、二か月、小学校に上がる前に半年、など、小さいころに日本とスペインを上手に行き来できればいいな、とお二人の話を伺って改めて思いました。いずれにしても、baqaraさんのおっしゃる通り、こちらができる限りのことをして環境を作っていけば、あとは、無理して欲張ってもしょうがないですし(笑)、その時々で片方の言語が怪しくても長い目で見守っていけばいいんですよね。私の周りには今のところ同じような境遇の先輩ママもあまりいらっしゃらないので、今回お二人からコメントを頂いてとても参考になりました!!ありがとうございます!!

 

Dejar comentarios

コメントはログイン後にお願いします。 LOGIN