Blog de Iberoamigos

 

バスク語文学 作家来日講演

Categoría : スペイン, 文学  Komai  2012 年 10 月 14 日   17:25

塾のブログを放置状態ですみません。

今後はイベント情報をなるべくアップしていきたいと思います。

早速、今回はバスク語文学のお知らせです。

バスク人作家のキルメン・ウリベによる、初の長編が邦訳されました。以下、来日記念講演のお知らせです。

ご興味のある方は是非お運びください。 駒井睦子

イベント情報①
バスク語から世界へ——作家キルメン・ウリベを迎えて
日時:116日(火)18:00
会場:東京外国語大学府中キャンパス 講義棟115教室
概要:現代バスク文学の書き手として国際的に活躍する作家キルメン・ウリベ氏を迎え、
10月に邦訳が刊行されたばかりの『ビルバオニューヨークビルバオ』(白水社刊)
について、そして今日の世界文学におけるバスク語作家としての視点についてお話を伺い
ます。バスク語による朗読も聴くことができるまたとない機会です。言語、社会、現代文学
に幅広い関心をもつ方々のご参加をお待ちしております。
〈第一部〉キルメン・ウリベによる講演と朗読
〈第二部〉鼎談
キルメン・ウリベ
今福龍太(東京外国語大学総合国際学研究院教授
金子奈美(同大学院博士後期課程、『ビルバオニューヨークビルバオ』翻訳者)
言語:日本語、スペイン語、バスク語(通訳付き)、入場自由


イベント情報②
『ビルバオニューヨークビルバオ』出版記念対談&朗読会
日時:117日(水)19:00
会場:セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディトリアム
概要:スペインの公用語の一つであるバスク語の作家キルメン・ウリベ氏が来日、
2009年のスペイン国民小説賞、スペイン批評家賞バスク語小説部門を受賞した
『ビルバオニューヨークビルバオ』(白水社刊)の邦訳出版を記念して、
対談と朗読を行ないます。比較文学者で詩人の管啓次郎氏をゲストに迎え、
海を越えて移動する三世代の家族の物語が絡み合う本書の魅力と、作家自身の
文学観について語り合っていただきます。バスク語・日本語での朗読を予定しています。
言語:スペイン語(日本語への同時通訳付き)
入場無料、要予約(参加ご希望の方は以下のウェブサイトよりご予約下さい)
Comentarios :  
 

Dejar comentarios

コメントはログイン後にお願いします。 LOGIN