Blog de Iberoamigos

 

鯉山タペストリー

Categoría : スペイン, 東北地方太平洋沖地震  Megumi Tani  2011 年 7 月 17 日   14:28

昨7月16日、塾開催「宮城県支援食品試食会」に参加させていただきました。貴重な体験談を聞かせてくださった仙台の塾生様、本当にありがとうございました。

帰宅して、夜、テレビをつけますと、人、人、人で溢れる京都が映し出されました。7月16日は祇園祭宵山です。懐かしい思いで眺めていましたら、『鯉山タペストリー』の紹介がありました。なんと…このタペストリーは、16世紀にブリュッセルで織られたもので、あの遣欧使節団、支倉常長が日本に持ち帰った可能性があるそうです。

http://www.geocities.jp/general_sasaki/kyoto-koiyama-ni.html

http://www.kirameki-story.tv/back38.html

知りませんでした。驚きました。

塾で「宮城県を応援しよう!」の会が開かれた、ちょうどその日が祇園祭宵山。一年に一度だけ「鯉山タペストリー」が公開される日だったわけです。支倉常長も、Japónさん達も、皆、時空を越えて、復興を祈ってくれているような、不思議な気がしました。

Comentarios :  
 

2 Comentario(s) para esta comunicación

 
Sara Suati Dice :

Megumi Tani さん、先日はありがとうございました。地方にいて、スペイン語関係の話ができる人も少ないため、みなさんにお会いできて、楽しかったです。

私も大好きなスペイン語圏の人たちと、同じく大好きな日本人とを何かの形で繋げるようになりたい!と思っているのですが、集まって下さった皆さんに接し、もっと私も頑張ろう!!という気持ちになっております。

また、CDもさっそく聴かせて頂いてます。とっても素敵ですね!今後、このCDをBGMに e-ten の課題に取り組み、実力UPを狙います!

本当にいろいろありがとうございました!

 
 
Megumi Tani Dice :

Sara Suatiさん:メッセージありがとうございました。『スペイン語』で繋がるご縁、素敵です!こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。お元気でお過ごしくださいね。

 

Dejar comentarios

コメントはログイン後にお願いします。 LOGIN