Blog de Iberoamigos

 

鴨居玲 REY CAMOY 作品展

Categoría : スペイン, 芸術  MIQUITA.F  2010 年 7 月 19 日   17:09

偶然、時間つぶしに横浜駅東口のそごう美術館に立ち寄りました。

そこで知ったのが鴨居玲という洋画家です。金沢に生まれ、フランスや南米を回り、最後に彼を暖かく迎え入れたのはラ・マンチャの風景や、老人や、酔っ払いでした。

鴨居玲がスペインに住んでスペインの人々を描いたというのを知ったのは偶然。しかし、彼が描く人たちの表情はとても衝撃的でした。

1971年から彼はバルデペーニャスにアトリエを構え、地元の老人や酔っ払いをモチーフに描き続けます。画家としてスペイン時代が一番充実した時代であり、鴨居玲が残した代表作品の多くはこの時代にあります。スペインから帰国後、周囲の人々たちに暖かく迎えられながらも、描くべきものを失い、しだいに自分自身を見失い、行き詰まり、自殺未遂を何度も繰り返すようになって、ついに彼は自殺を遂げて、50代半ばで生涯を終えます。

彼が滞在した期間はフランコ政権の末期。彼が描こうとした老人や酔っ払いは、戦争の時代や不条理な日常を語るスペインの地元人々。鴨居が見た風景は、長い人生の中で、深く刻み込まれた悲しみや虚しさの行き場を失ったそんな「老人たち」でした。あの時代、スペインの地元の人々たちは酔っ払わずにはやってられないほど生活は苦しかったのだろうか?

作品の中でREI KAMOIではなくREY CAMOYとサインをしている。地元の老人たちと並ぶ彼の表情はなぜか日本人に見えない。おそらく、鴨居玲ではなくREY CAMOYではなかったのだろうか?彼のある作品に 「日本にて」という言葉も、”JAPON”とあった。

Comentarios :  
 

Dejar comentarios

コメントはログイン後にお願いします。 LOGIN