Blog de Iberoamigos

 

第20回リサイタルのご挨拶

Categoría : スペイン, 音楽  Megumi Tani  2010 年 7 月 29 日   10:46

立派な塾生さんご紹介の後では何とも面映いのですが、リサイタル開催のご挨拶をさせていただきます。

おかげ様で今年は20回の節目を迎えました。6月30日配信の塾maga116号では、光栄にもお祝のメッセージをいただきました。ありがとうございます。

塾maga連載中「Hola!バルセロナ」にも書かせていただきましたが、私のスペイン語は「まず歌ありき」で始まりました。バルセロナの語学学校で習ったスペイン語に一抹の不安があり、帰国後、某講座で文法をひと通り受講。巷のスクール通いも試みましたが、その内容にいささか幻滅。どこか、何か、ないだろうか…と、Webを手当たり次第に探していて、たまたま遭遇したのがこちらの塾でした。「エ~!こんなところがあったの!」と本当に驚きました。青空にたくさんの気球が飛ぶHP表紙…懐かしい。以来、通信生として末席を汚し、現在に至っております。

歌い手、などという変な生徒は私ひとり、とうかがっております。添削課題の内容は「歌詞」とはほど遠いものなのに、歌詞が昔よりも深く感じられるのは嬉しいことです。そして何より、「スペイン語専門の塾」に応援していただいていることに励みを感じます。音楽通のDirector先生、いつも温かくご支援いただきありがとうございます。

リサイタルの詳細は、塾HPの軒先をお借りしております拙HP、ブログをご覧ください。「鳥の歌」をテーマに、凝りに凝ったプログラムを組みました。お聴きいただければ幸いに存じます。

http://www.e-yakushiyo.net/Tani_Megumi_Recital_2010_Etc.htm

http://megumitani.exblog.jp/

Comentarios : 0 
 
 

嬉しい便り(その2)

Categoría : その他, スペイン, 観光通訳(案内士)ガイド  Director  2010 年 7 月 23 日   22:25

昨年の秋にガリシア大学のマスターコースに留学中の塾生から嬉しい便りが届きました。
とは申しても、そのメールが届いたのは、先の6月27日でした。
前回の同じタイトルのブログでも弁解がましく弁解させて頂いたように、とにかく時間がなく、第二弾は今日になってしまいました。
しかし、嬉しい便りというのはいつ読み直しても嬉しいものです。
「すべての試験も終わり全部合格。無事2年生になれる。
しかも、Notableが4つ、Sobresalienteが1つもあった」とのコメントが添えられていました。
これは当然ながらご本人の実力とそして努力の成果でしょう。
彼女は現在、前述のガリシア大で観光学を学んでいます。
小塾では通訳ガイドコースと翻訳講座で学ばれていました。

ガリシアと言えばなんと言っても「Camino de Santiago」です。
そして、この「サンティアゴ巡礼道」は、我が国の熊野古道(和歌山県)と姉妹関係にあるのですが、彼女はこの辺りを自身の研究の中心に置きつつ同大学で猛烈に頑張らずにガンバっておられます。

成績が大変良かったというのも嬉しかった理由の一つなのですが、何よりも、小塾で学んだ後でこうして多くの方々が様々な分野に巣立って活躍されておられるのを知ると、本当にやり甲斐を感じると共に、ますます「頑張らずにガンバらねば~」と身の引き締まる思いです。
因みに、いつもBarcelonaから便りを送ってくれるNatillaさんもこうした小塾の自慢の卒業生の一人です。他にも多くの塾生が海外で確約中なのですが、便りのない人もいれば、時折便りをくれる人、また、常に便りをくれても、奥ゆかしくってこういう場にはあまり出てこない、出してほしくない人等々。いずれにしても、頑張らずにガンバっている塾生はみんな塾の自慢の塾生たちです。むろん、海外に出なくても頑張らずにガンバっておられる人も一杯おられます。

Comentarios : 0 
 
 

鴨居玲 REY CAMOY 作品展

Categoría : スペイン, 芸術  MIQUITA.F  2010 年 7 月 19 日   17:09

偶然、時間つぶしに横浜駅東口のそごう美術館に立ち寄りました。

そこで知ったのが鴨居玲という洋画家です。金沢に生まれ、フランスや南米を回り、最後に彼を暖かく迎え入れたのはラ・マンチャの風景や、老人や、酔っ払いでした。

鴨居玲がスペインに住んでスペインの人々を描いたというのを知ったのは偶然。しかし、彼が描く人たちの表情はとても衝撃的でした。

1971年から彼はバルデペーニャスにアトリエを構え、地元の老人や酔っ払いをモチーフに描き続けます。画家としてスペイン時代が一番充実した時代であり、鴨居玲が残した代表作品の多くはこの時代にあります。スペインから帰国後、周囲の人々たちに暖かく迎えられながらも、描くべきものを失い、しだいに自分自身を見失い、行き詰まり、自殺未遂を何度も繰り返すようになって、ついに彼は自殺を遂げて、50代半ばで生涯を終えます。

彼が滞在した期間はフランコ政権の末期。彼が描こうとした老人や酔っ払いは、戦争の時代や不条理な日常を語るスペインの地元人々。鴨居が見た風景は、長い人生の中で、深く刻み込まれた悲しみや虚しさの行き場を失ったそんな「老人たち」でした。あの時代、スペインの地元の人々たちは酔っ払わずにはやってられないほど生活は苦しかったのだろうか?

作品の中でREI KAMOIではなくREY CAMOYとサインをしている。地元の老人たちと並ぶ彼の表情はなぜか日本人に見えない。おそらく、鴨居玲ではなくREY CAMOYではなかったのだろうか?彼のある作品に 「日本にて」という言葉も、”JAPON”とあった。

Comentarios : 0 
 
 

嬉しい便り(その1)

Categoría : その他, 中南米  Director    13:16


長らくご無沙汰しておりました。
スミマセン。
塾頭の碇です。
何ら「かき入れる」わけではないのですが、6~7月はとにかく小生にとっては1年でもっとも忙しい「かき入れ時」で、なかなか書き込みができませんでした。かき入れるばかりで書き込みができなかった、というわけです。
そのようなわけで、もうかれこれ1ヶ月になります。
メキシコに飛んだ塾生から嬉しい便りが届いたのは。
「新居にも引越し、そして何よりも無事に就職も済ませ、ビザの申請も終わり、楽しく仕事に励みだしました」という嬉しい便りを受け取ったのは6月25日だったのですから。
在メキシコの日本の自動車工場の通訳・翻訳をメインに色々な仕事を始められたそうです。
「毎日新しい事を学べて、メキシコ人も日本人も皆優しく面白いので仕事環境にも満足して」おられることも更に嬉しい限りです。しかし、無論こうした状況になられたことも嬉しかったのですが、何よりも嬉しかったのは、「実際通訳になると、スペイン語もダメなのですが、更に日本語への翻訳の難しさを身にしみている」とのコメントでした。
自分でこのことに気付くことこそ大きな飛躍だと言えます。
いわゆる、生徒を社会に送り込む、その社会に揉まれる状況になって初めて翻訳の難しさを知る。
ある意味、授業は「ぬるま湯」にいるのと同じかも知れないとあらためて教えられた気がします。
来学年度(この9月)からは、これを教訓に、もっと厳しく指導していかねば!!と思いを新たにしました。

もう一つ「嬉しい便り」があるのですが、今日はここまでです。

Comentarios : 0 
 
 

Campeones, campeones, olé olé olé…!!!

Categoría : スペイン  natilla  2010 年 7 月 13 日   17:39

スペイン優勝!!!

… と、他の国を応援していた方々には申し訳ないのですが、私はとても嬉しいです。
特に、普段は地味な(でも人間とは思えない技術を持つ)イニエスタが決勝ゴールを決めたことが本当にうれしくて。

スペインでの決勝戦のテレビ視聴率は85.9%に上るそうで、イニエスタがゴールを決めた直後は90.3%にまでなったそうです。決勝戦翌日の昼過ぎに、スペインチームはマドリッドに戻り、その後、王室やサパテロ首相などに優勝の報告をし、20時頃から市内をパレード。あまりの人の多さに選手の乗ったバスがなかなか進めず、終点の特設ステージがある場所に23時過ぎに到着。それから何時までお祭りが続いたかは私は知りません。。。

今回のW杯は、スペインだけでもいろいろな話題がありました。
1) タコのパウル君の予想:世界的に有名になったようですが、スペインでもすっかりお馴染みとなり、今後スペイン人はタコを食べる時ももっと敬意を表して食べると思います。
2) GKのカシージャスが恋人であるTVレポーター、サラにインタビュー中にキスしたこと:予選1試合目でスペインがスイスに負けた時に、イギリスの新聞に「カシージャスがゴールを守れなかったのは、恋人がすぐそばにいたからだ」と言うような事を書かれ、しばし、カシージャスにもサラにもバッシングが続きました。それを跳ね返すためにも、二人は自分の仕事を完璧にこなそうと努めてきて、優勝を手にし、その嬉しさがインタビュー中のあのキスに繋がったのだと思います。
3) イニエスタが決勝ゴールを決めた後、ユニフォームを脱いでイエローカードを受けたこと:ユニフォームの下のシャツには「Dani Jarque siempre con nosotros」と書いてありました。昨年突然死したEspanyol(バルセロナのもう一つのチーム)の選手への追悼の言葉です。これは泣けました。イニエスタは、W杯前に聞かれた「優勝したら?」という質問に対して、「サンティアーゴへの巡礼をする」と答えています。
4) バルセロナ市が大型スクリーンを設置:今までスペイン代表チームの試合のために大型スクリーンを設置することはしてこなかったバルセロナ市が、決勝戦の日に初めてそれを行い、約75000人が集まったこと。

経済的にも政治的にも苦しいスペインが、これを機に、少しずつ良くなって行けると良いと思います。

Comentarios : 4  
 
 

サンティアゴ・デ・コンポステーラから

Categoría : スペイン  Itsu  2010 年 7 月 2 日   22:19

はじめまして。今日がブログデビューになります。
メキシコのCMに対抗して(?)ガリシアでよく見かけるスーパーGADIZのCMを送ります。 来週からガリシア語の夏季コースを受けるのでちょこちょこ情報発信していけたらと思います。よろしくお願いします。
Vivamos como galegos! (Castellano)

Comentarios : 0