Blog de Iberoamigos

 

メキシコの胃腸薬

Categoría : スペイン  Chik  2010 年 5 月 28 日   02:25

pepto-bismol皆さんは、Pepto-Bismolをご存知でしょうか?

薬がピンク・液体もピンク(苦笑)最初は何だろうと思いましたが、腹痛止めです。私は、メキシコでは腹痛によく悩まされるので、私は、この錠剤を携帯しています。錠剤は、水も必要無く、噛み砕いて飲めるので便利です。味は甘いです。軽い腹痛ならば、この薬でよく効きます。色々な場所で簡単に購入できるので便利です。(個人差があると思います。)

Pepto-Bismol

 

これとは別に、頻繁に流れるこのCM。メキシコ人は辛いのが好きですし、食事が脂っこいものも多いです。なので、このCMは大活躍なのでしょう。最近ではCMの下に歌詞がついていて、カラオケの様にCMと一緒に歌える様になってます(苦笑)少し、グロテスクな場面もありますので、ご覧頂く際は注意してください。このCMの歌がずっ~と変わっていないので凄いですね☆

genoprazol

Comentarios : 0 
 
 

メキシコCM MUNDIAL 2010

Categoría : 中南米  Chik    01:32

もうじきMundial 2010!!皆さんはサッカーは好きですか?今回のCMは、いかにメキシコ人がサッカー観戦を好きか感じられるCMだと思います。

メキシコの面白い所。以前のワールドカップでも、ワールドカップの中継でメキシコの対戦が中継される時間が大体午後でした。その間、私の勤務していた職場、友人の勤務している職場では、メキシコ人達はメキシコのユニフォームを着て、仕事そっちのけでTVの前で大観戦。中継時間中は私達日本人も、日本人上司も渋々公認で皆でTVを見てました。勿論、残業しないで皆帰っていきました。(苦笑)日本じゃ有りえないですよね。そんなメキシコが好きです。今年は、どうなるかな?

Cerveza Sol (Mundial 2010)

 

別の話になりますが・・

最近、メキシコシティ内の私の住んでいる地域では断水・停電が頻繁に起こってます。メキシコシティでは深刻な水不足が問題になり、水を無駄遣いしない様に呼びかけをしたりする様になりました。でも、この断水・停電は何時もながら原因不明。水道局や電気会社に苦情を申し立て、待つしかありません。メキシコシティの住む地域によっては常に断水・停電が起こってる場所もあります。友人と友人の家族と、そんな会話をしていた時に、それでも、「Ni modo」と言いながら笑ってたり、何かと明るい話題を見つけて盛り上がってます☆そんな会話の中で、ふとある本の題名が私の中に浮かびました。(購入していないので内容は分からないのですが)

「メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか」明川哲也(著)

日本では残念ながらストレスで自殺をする人、うつ病になってしまう人が増えている様です。でも、メキシコでは、どんなに悪い仕事条件で、わずかながら生活できる賃金でも働いて、水も電気もガスも無くても、前向きに生きている人が多いです。出稼ぎで少ない給料で働いて、家に帰るとそのお金でPachangaをし楽しんでいます。

友人の家族にメキシコでの自殺に対して聞いてみました。(あくまでも、友人家族の意見ですので御了承願います。)

「人生は楽しむ為にあり、苦労は乗り越える為にある。解決できない事なんて無い。仕事なんかのストレスで何で自殺する必要があるのか?水・電気やガスが無くても家族や友人がいるじゃないか。この国は素敵な国だ。政治だけがうまくいってないだけだ。メキシコ人は信仰強い。私はキリスト教だが、メキシコで自殺者が少ないのは、キリスト教の教えによるのもあると思う。私達は神から命を頂き生きている。キリスト教じゃなくてもカトリックでも、メキシコには色々な宗教があり、どんな人でも信じれるものがある。自殺はキリスト教では大罪で、自殺を考えるだけでも恥じるべき事なんだ。自殺者は地獄にいく。自殺者は神の大地には埋められず永遠と、その魂は彷徨うのだ。子供の頃からキリスト教の教えを学んでいる私達は自殺を最初に考えず、必ず解決策を見つけるんだ。」

日本の子供が幼少期の頃から道徳を学ぶ様に、大半のメキシコ家庭はキリスト教の教えを学びます。メキシコに悪い行いをする人達も勿論います。でも、そういう人達にも神様はついていて、その名もSanta Muerte・・名前からして、Santaじゃないですよね?でも、色々な宗教団体があります。信仰の強さからかもしれませんが、何はともあれ、前向きに生きていく力が強いメキシコ人を尊敬します。

下記URLは、Santa Muerteに関するHP、You Tubeをご存知無い方の為に参考の為にUPしました。でも、私は宗教に関して全く関与していませんのでご理解のほど宜しくお願い致します。

Santa Muerte 日本語新聞記事

Santa Muerte TV en Mexico

Comentarios : 0 
 
 

スペインの所得税申告

Categoría : スペイン  natilla  2010 年 5 月 27 日   22:20

スペインでは、5月6月と個人所得税申告(Declaracón de Renta)の時期です。対象は、前年(2009年)の1月から12月までに所得があった人全員。給与所得者も全員申告しなければいけないことになっています。なので、私も申告しました。昨年は働いていない時期もあったので、「いくら戻って来るかな~」と期待していたのに、結果はなんと「追加徴税」!!

何故か??? 今回知ったことですが、住居費が控除の対象になるのです。でも、私は昨年は、他人とピソをシェアしていて、自分名義の契約書も請求書もありません。さらに扶養家族もなく、控除対象になる項目が全くないのです。

所得があって扶養家族がなく、スペインに住んでいる方、住もうとしている方、ご留意ください。(ガックリ来ているnatillaからの忠告でした。。。)

Comentarios : 0 
 
 

バルセロナの家賃

Categoría : スペイン  natilla  2010 年 5 月 25 日   16:05

 今日は、バルセロナの家賃について少々お話します。バルセロナは、マドリッドやサンセバスチャン同様に、家賃がとても高いです。(金額だけ見ると、ロンドンやパリの方が高いのですが、収入に占める家賃の割合を考えると、スペインの大都市は非常に高いことになります。ピソ購入の場合のデータですが、2010年4月にマドリッドで売買されたピソの平均金額が363,063ユーロで、ロンドンの491,634ユーロよりは安いですが(約74%)、平均年収はマドリッド24,242ユーロに対し、ロンドン43,284ユーロ(約56%)です。) 地区にもよりますが、中心部のEixampleという碁盤の目状になっている地区は比較的高く、12~18ユーロ/m2位です(リフォームしてあると高めで、リフォームしていなかったり、エレベーターがない建物だと安めです)。
 そんな中、小振りながら居心地が良さそうなピソが見つかり、5月から一人暮らしを始めました。カタルーニャ広場からティビダボ方面に約3キロ上がったところで、地区としては中の上位、1平米当たりの家賃は14.5ユーロです。契約時に大家さんに払ったfianzaは家賃の2か月分、不動産屋さんへの手数料は1か月分+IVA(16%)でした。礼金はありません。昨年辺りから不動産の相場が下がったと言われますが、便利な場所や人気のある地区の物件だと大家さんは結構強気で、あまり下がっていません。
 今まではシェアしていたので、台所やバスルームを使う時間をいつも気にしていましたが、今は好きな時に使えてストレスが激減しました。お給料に占める家賃の割合は大幅に増えたし、会社までは遠くなったんですけれど。。。
 食堂・サロンと、ベランダからの眺めの写真を載せておきます。

piso-2piso-1

 

Comentarios : 0 
 
 

メキシコのCM こんなのもありました。

Categoría : 中南米  Sara Suati    14:30

Chik さん、こんにちは。
メキシコのCM、面白いですね。

“SALADITAS”のCMには、いろんなバージョンがあるんだなぁ、と思って
見ていたのですが、こんなのもありました! ご存知だったでしょうか?
前に教えて頂いた「養子疑惑」物の“逆バージョン”ですが、この中国人家族は
なぜか、日本語を話してます。ここは、どこ?!
http://www.youtube.com/watch?v=1IHdk029jKE&feature=related

でも、指摘があったのか、中国語バージョン(吹き替えですね)もありました。
http://www.youtube.com/watch?v=hFxxI6ukjJk&feature=related

楽しい!
私は元々、メキシコ及びメキシコ人が好きなのですが、ますます大好きになってしまいました。

Comentarios : 1  
 
 

何の畑?

Categoría : スペイン  natilla  2010 年 5 月 24 日   03:25

campo

私の通勤の列車(Barcelona-SantsとCastelldefelsの間)内から撮った写真なので写りが悪いのですが、これは何の畑か分かりますか?

答えは、Alcachofas(アーティチョーク)です。バルセロナ市内から空港方面に行くとPrat de Llobregatという町があり、その辺りがalcachofasの産地として有名で、スーパーなどでは普通のalcachofasの倍ほどの値段(約2ユーロ/kg)で売られています。1年中通して八百屋さんで見かけますが、春が旬のようです。スペインではよく食べる野菜で、食べ方としては、al horno(オーブン焼)、fritas(フライ・フリット)、hervida(茹でる)方法が一般的です。実際に食べるのは、外側の葉を剥いて、中心部の柔らかい部分だけです。アクが強く、下ごしらえをすると指が真っ黒。茹でると、茹で汁は紫色になります。日本でも春にはアクの強い野菜が出てきますが、スペインでも同じですね。

alcachofa-1alcachofa-2

Comentarios : 3  
 
 

CFは面白い!!

Categoría : 中南米  Director  2010 年 5 月 23 日   14:43

メキシコのCFもなかなかsaladitasで面白いですね。
Chikさん、面白いCFをご案内下さりありがとうございました。
Familia numerosaに関わらず養子を受け入れているFamiliaという設定がsala..(更に)物語をsaladitasにしていますね。
それにしても中銀の3分ものCFは長くないですか?それとも、YouTubeなのでまとめて見せてくれているのでしょうか?
国民に紙幣の信頼性をアナウンスしなければならないというのはちょっと寂しくは思いましたが、単に楽しむのではなく、そのあたりのお国柄の背景も見えてなかなかためにもなりました。
また面白いのがあればどんどんと教えて下さい。

あっ、それから。スペイン語と無関係なことなんてまったくありませんよ。
他にも一杯無関係な書き込みがあるでしょ~う!!
それでよいと思っています。
ましてやメキシコについての書き込みだと、それだけれで勉強になります。

Comentarios : 1  
 
 

メキシコのCM 続編

Categoría : 中南米  Chik  2010 年 5 月 22 日   03:33

忘れない内に、今回は、昔に流れていた、私が好きなCMです。

メキシコに、Ritzに似た食べ物、その名も”SALADITAS”があります。

何故、SALADITASのCMに、「僕は中国人だと思うから、養子なんじゃないか」と主張する中国人男の子が出演するのでしょうか?この発想凄い面白くて、凄い笑いました(苦笑)。最高ですね☆^^☆

Saladitas (http://www.youtube.com/watch?v=QrEvzSK07YI&feature=related)

Comentarios : 0 
 
 

メキシコのCM

Categoría : 中南米  Chik    03:14

私的に興味のある面白いメキシコのCM等を気軽に紹介できたら良いなぁと思っています。

今回はメキシコの銀行のCMとタコス屋でのCM。

こちらをご覧になって、皆さんは何を感じられるでしょうか?

メキシコでは、お札では偽札じゃないか確認する必要がありますし、又、お釣りが無い事が良くあります。お釣りが無い為に、買物ができなかったり、バスの乗車を断られる事もありました(苦笑)。小銭が無いと、嫌な顔をされる事もあります(苦笑)。その為、スーパー等大きなお店で200ペソ、500ペソ等大きな金額のお札で支払って、バスの乗車や小さなお店でも買物ができる様に小銭を貯める必要があります。

※換算ルートを参照すると全然違いますが、200ペソ=2000円札、500ペソ=5000円札と考えてみて下さい。

Cuatro comerciales del Banco de Mexico (http://www.youtube.com/watch?v=3dIvHkKB2j0)

Cambio de billetes - taquero (http://www.youtube.com/watch?v=oY6AjVSbpvM&feature=related)

Comentarios : 0 
 
 

メキシコ学研究会のお知らせ

Categoría : 中南米, 音楽  Komai  2010 年 5 月 14 日   19:57

友人からこんな勉強会があることを教えて頂きました。

研究者や学者を対象としたものではなく、どなたでも参加できる気軽な勉強会です。参加費も400円というお手軽さも嬉しいですね。

 

今度のテーマは、ラテンアメリカのヌエバ・カンシオンについて です。

 

御興味のある方は是非。

 

以下、転載します。

 

第75回メキシコ学勉強会のお知らせ

テーマ「ラテンアメリカのヌエバ・カンシオン」
 1960年代から70年代にかけて、南米のチリをはじめ、アルゼンチン、ウルグアイ、ベネズエラ、ボリビア、メキシコ、ニカラグア、キューバなど、中南米各地で「新しい歌」と呼ばれる音楽の巨大なムーブメントが起こりました。1960年以後の社会運動と密接につながった社会派のフォルクローレという枠組みだけでははかれないほど、その後の中南米の社会と音楽に大きな影響を与え、現在も脈々と生き続ける、そのムーブメントについて、音楽を聴き、映像を見ながら、話させていただきたいと思います。

発題者=八木啓代(歌手・作家)
日時=2010年5月17日(月)19時~21時
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D
    JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。
    書泉ブックタワー隣り。駅からから徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐ
    わかります。
会費=400円

◆メキシコ学勉強会◆
 メキシコ学勉強会はとにかくメキシコが好き!という人が集まって、おおよそ月1回のペースで、メキシコに関して様々なテーマで、話し合う集まりです。話し合うテーマは政治・経済・社会・文化等々、それこそ何でもあり。各人がそれぞれ興味のあるテーマについて調べて発表し、それに基づいてディスカッションしたり、時には外部からゲストをお招きして、そのお話を聞く回もあります。勉強会を通して、自分とは異なった視点からのメキシコや、知らなかったメキシコ、もっと面白いメキシコに出会っていく場になればと、考えています。メーリングリストに登録(無料)され、毎回参加するのも、興味のある回のみに飛び入り参加するのも、自由。会費は各回、会場費実費の400円のみ。皆さまの参加を、是非是非、お待ちしております。

これまでの勉強会
http://www.geocities.jp/sr_yokishi/conocer_mexico.html

Comentarios : 0