Blog de Iberoamigos

 

偽警官に注意

Categoría : スペイン  natilla  2009 年 11 月 30 日   23:57

先日、在バルセロナ日本領事館から、「偽警官に注意」のお知らせが来ました。
最近、日本人観光客が(在住者も)やられているそうです。その手口は。。。

①まず、観光客風外国人が親しげに日本人旅行者に近付いてくる(場所を教えて欲しい、写真を撮って欲しいなどの口実が多い)。
②偽の私服警察官が、薬物の取引や偽札所持容疑などの理由で、同外国人に対して職務質問し、バッグの中、財布の現金、クレジットカード等を確認した後に返却する。
③次に日本人旅行者に対して同様の質問をする。旅行者は偽警察官と外国人とのやり取りを見ていることから、油断して財布等を見せてしまう。
④財布内から現金の一部を抜き取ったり、クレジットカードの暗証番号を巧みに聞き出したりして逃走する(カードの真偽を確認するとの理由で、偽警察官の携帯電話にカード暗証番号を押すよう指示することもある)。

これを読んだ時、「ふ~ん」位にしか思わなかったのですが、たまたまその晩、バルセロナでガイドをしている人と食事をした時にその話が出てきました。彼女が付いたグループで起きた事件。

ホテルまでそのグループを送った後、ある新婚さんが自分達だけで夜外出した。そこで偽警官に会い、妻は変だと思い、夫に逃げようと言った(実際に一人で逃げてしまった)が、夫はクレジットカードの暗証番号まで教えてしまった。カードを盗られたことにも気が付かず、翌朝、市内観光に出かけるためにホテルのロビーに集合したところで、気が付く。その時には、すでに100万円ほど使われていた。。。

精巧な偽警察手帳を持っている場合もあるそうですが、警察官がパスポートの提示を求めることがあっても、財布やクレジットカードを見せろと言うことはない、とのことです。

私も気を付けよ~っと。

Comentarios : 0 
 
 

晩秋

Categoría : その他  Megumi Tani  2009 年 11 月 29 日   12:20

紅葉の季節。海外の皆様に、日本の秋を!

実物は、もっと色鮮やかだったのですが…。

Comentarios : 0 
 
 

クルシミマス

Categoría : その他, スペイン  Director  2009 年 11 月 27 日   20:30

bon-nada

これは数カ国語で書かれたクリスマスの挨拶イルミネーションですが、さあ、いったいどこの「国」の看板なのでしょう?

日本語も中国語もあるのに、スペイン語は見えないようですが、明らかに、中央の一番上に書かれた「メリー・クリスマス」の言語の「国」でのことであることは明白ですよね。

最近冨に挑戦的・挑発的ですよね…。

以前の民族主義政党が与党だったときよりも更にエスカレートしているのは何故なのでしょう?ほとんど理解不能…。

Comentarios : 0 
 
 

2010年 カタルーニャ州の祝日

Categoría : スペイン  natilla  2009 年 11 月 24 日   21:38

11月21日のLa Vanguardiaにカタルーニャ州の来年の祝日が載っていました。

1月1日 Año Nuevo
1月6日 Reyes
4月2日 Viernes Santo
4月5日 Lunes de Pascua (*)
5月1日 Fiesta del Trabajo
6月24日 Sant Joan (*)
9月11日 Diada Nacional de Catalunya (*)
10月12日 Día de la Hispanidad
11月1日 Todos los Santos
12月6日 Día de la Constitución española
12月8日 La Inmaculada Concepción
12月25日 Navidad

年に9日の国の祝日、3日の州の祝日(*)、2日の市町村の祝日がある、と書いてありました。
が、しかし!! 8月15日のAsunciónがないし、12月26日のSant Esteban(*)の祝日がないのです。変ですゥ。。。新聞の間違いか。。。誰か教えて。。。

バルセロナ市の祝日は多分、5月24日Segunda Pascuaと9月24日Merceになると思われます。

日曜日と祝日が重なった場合、日本だと振替え休日になりますが、スペインの場合は、各州の取り決めによるようです。今年は何日か重なっていたのですが、カタルーニャ州では1日も振替え休日がありませんでした。残念でした。

確実な情報をお届けしようと思って書き始めたのに、不明な点が出てきてしまいました。こんな状態でブログに出して良いものでしょうか、Director様。。。

Comentarios : 1  
 
 

頭しらみの続きの続き

Categoría : スペイン, スペイン語  camecari  2009 年 11 月 23 日   21:19

頭しらみのお話、大変興味深く読ませていただきました。

大変貴重な情報をありがとうございました。

スペインに留学していたことはありましたけれど、そんなことまではまったく知りませんでした。

まだまだスペインのことで知らないことが一杯なんだなぁ~とあらためて思いました。

因みに、ayumiさんでもnatillaさんどちらでも結構なのですが、できれば、その「頭しらみ」とか「しらみ」というのはスペイン語でなんて言うのか、言われているのか?教えていただけませんか?

スミマセン。辞書で調べたら、「cáncano」とか「piojo」と出ていましたけれど、どちらが本当なのか?どちらも言うのか?或いは、ayumiさんやnatillaさんが仰っているのは、また別のなのかなぁ~?なんて、思いました。

宜しくお願いします。

Comentarios : 2  
 
 

しらみの続き

Categoría : スペイン, 海外在住者  natilla  2009 年 11 月 19 日   03:13

ayumiさんの投稿に引き続きますが、こちらでは子供の頭しらみは普通のようです。私には子供はいませんが、日本人の友人の子供達もかかったと言っていました。本当、日本にいる時は、戦時中のことのように考えていましたが。

こちらで病気になると本当に困ります、と言うより、私は怖いです。言葉は分からないし、薬は違うし、薬の分量も全然違うし、治療方法も異なることがある。。。私は昔、バルセロナの歯医者さんで麻酔薬を使われたことが2回あり、2回とも副作用らしきものがあり、怖かった記憶があります。その時の薬品名を聞いておくべきでした。その後、日本で麻酔薬を使われたときは何ともありませんでした。

別の日本人の友人は、自分の子供が病気がちだったから、スペイン語が上手くなったと言っていました。子供を守るための必死な様子が目に浮かびます。ayumiさんも、いざとなれば「母は強し」で、きっと大丈夫ですよ!

Comentarios : 1  
 
 

娘に頭しらみが感染してしまいました。

Categoría : その他, スペイン, ママさん学習, 海外在住者  ayumi  2009 年 11 月 17 日   03:09

そういえば、去年行っていた幼稚園でも「最近、頭しらみ、しらみ卵の感染がみられます。気をつけましょう」というようなお知らせをもらっていました。

でも日本では身の回りでも話題になっていた記憶もなく、自分がかかった経験もなかったので、人ごと気分でした。

そして去年は娘も無事で何事もなかったのですが・・。

この10月で無事3歳になったうちの娘、9月から、小学校付属の幼稚園年少組スタートです!

そして早速、またしても頭しらみのお知らせが。また今年もだなぁ、と人ごとのように思っていたら

ある日先生から「あけみちゃん(うちの娘の名前です)、しらみもらっちゃったみたいだから・・・」

なんとー!! 全然人ごとではなくなってしまいました。

その日のうちに先生の指示通り行きつけの薬局にシラミ駆除用ローションを買いに行き、薬局のおばちゃんにも薬の使い方だけでなく、しらみ卵の見分け方とか、虫の方はどんな大きさなのかとか、とにかく色々、色々話を聞いて

しらみ初心者の私はもー、おたおた。

家に帰ってさっそく娘の頭にローションをつけ、帰ってきた主人(スペイン人です)にも報告。「おー、ついにあけみもかかったかー」と普通の反応。

だからね、去年のお知らせの時からひっかかっていたのだけど、今年の担任の先生といい、薬局のおばちゃんといい、主人といい、姑といい、まるで流行り風邪にかかったかのような当たり前で、テキパキとした反応。そんなにメジャーなら、私の幼児体験の中に一つぐらい記憶があってもよさそうなものなのに、…全くございません。

ちょっと日本語で正確な情報を探してみよう(新しいことはスペイン語で言われてもいつもどこか不安なのです。とくに病気系の話は、ね)とネットを覗くと、あるサイトのしらみ感染予防の項目にこんなものが…

さらに注意していただきたいのが楽しいはずの海外旅行!日本ではしらみはほとんど生息していませんが、海外では、しらみはごく一般的な人の頭に住んでいる虫なのです。(中略)帰ってきてから、「あれ、なんだか頭が痒いなぁ」なんてことになったら一大事。海外旅行にはこうしたリスクがあることを事前に知っておきましょう」

先進国でも同じですとあり、えらい言われようだー、欧米諸国。そして、やっぱり日本ではまれな話なんだよね、と再確認。

この前どなたかに、「在住家族で特に母親が日本人の場合は、いつかは日本へ帰りたいと思ってる方が多いようですよ」と言われたけど、ちょっと分かるような気がする。命に関わらないしらみ事件ですら、もう私の中では大騒ぎ。そして自分のことならまだしも、子供のことで病院にかかったりしようものなら、言葉の問題だけでなく、病院のシステム自体勝手が違うとか、もろもろ色んな意味で精神的にきつそうです。あ、弱音になってしまいました。

いえいえ、弱音はときどきにしましょう。想像するだけで大変そうですが、つらい時こそ深まる人と人の絆。人と土地の絆。普段から接する人と真摯に向かい合っていくべきですね。とりあえず、明後日の3歳健診、適当に済まさずに、まじめにガンバロー。

Comentarios : 0 
 
 

¡Viva 森繁さん!

Categoría : その他, 音楽  Megumi Tani    00:41

森繁久彌さんの訃報。追悼番組の中で、「歌は語れ 語りは歌え」が信条だった、と紹介されていました。

大ヒット曲「知床旅情」の歌詞の最後に「白いカモメ」が出てきます。加藤登紀子が「白いカモメよ」と歌っていたら、森繁さんは「そこは、絶対に白いカモメ『を』でなければいけない」と、訂正を求められたとのこと。厳寒の知床に残る者を白いカモメにたとえた、その心に、えもいわれぬ優しさを感じました。

歌詞のひと言ひと言を大切に歌う、その心が、聴く者の胸に迫る。歌い手の私は、大きな教えを戴いた気がしています。

…と、そこで、Director先生お薦めのyoutubeを拝聴。唖然!呆然!絶句!参りました!!

ここでも森繁さん、しっかり「歌って」います。「語って」います。遊び心、満載!ジャケットの写真がまたニクイではないですか!

「教えて戴きました」などと畏まるより、思いっきり泣き笑いしてお送りするほうが、この粋な御仁はお似合いと気付きました。

いいですね。お別れなのに、心がホンワリ温かくなります。

Comentarios : 0 
 
 

追悼&笑いで黙祷

Categoría : その他, 音楽  Director  2009 年 11 月 15 日   19:52

偉大な喜劇人・俳優が逝った。森繁久弥だ。

若い人にはあまり馴染みがない人かも知れないが、東宝映画の社長シリーズは本当に洒落た映画だった。

森繁久弥は歌も多く歌っている。いわゆる、森繁節と称され、彼独特の味わいで歌う歌は本当に情緒があり良かった。「知床旅情」も実に良い曲ですし、「月の砂漠」は涙なくしては聞けません。

しかし、面目躍如で、喜劇人としてコミックソングも歌っています。

一時の間、大いに笑って、喜劇人としての森重久弥を、笑って偲んでみませんか。

以下のサイトを見ていただければ、このブログで取り上げた理由も分かっていただけると思います。

多くのコミックソングの中からこの曲を選んだのはそのためです。我々スペイン語人とまったく無関係の人でもなかった証です。

実にたぐいまれな才能の持ち主でした。実に素晴らしい雰囲気を出しています。「粋」としか言いようがありません。

http://www.youtube.com/watch?v=fsTnMYtsVXc

Comentarios : 0 
 
 

勘違い meniqueだとここ最近思い込んでいました。

Categoría : スペイン語, ママさん学習, 海外在住者  ayumi  2009 年 11 月 13 日   20:48

スペイン語作文をやっていて、「小指」と言いたくなった。

あ、メニケだよね、あれ? でも「エル・デド・メニケ」か「エル・メニケ」とデドなしで言うべきなのか言っていいのかどちらでもいいのか、ふとよくわからなくなったので、とりあえず辞書でも引いてみよう。

えっとー、meni….で探していくと、meniqueがない。

…普段「メニケ」「メニケ」と言っていて、この単語を覚えたのはスペイン語を始めたころでもう7,8年前。

最初のころに覚えた単語でも前置詞とか、意味の微妙な単語なら再々辞書を引いて確認もしたものだろうが

なんせ、「小指」である。迷う必要も今までなかった。

そして今、「小指」はMeñiqueだったんだー、と気づかされた。あー、危ない危ない。またひとつお勉強。

さて、この「Meñique」きっと最初はそうして覚えたはず。しかしその記憶すら戻ってこない。

そして新たな疑問が…。「Ñi」ってどんな発音?普通の「Ni」より、少し鼻にかかるのかなぁ。

普段スペイン人に囲まれて生活しているのに、意識しないって怖い。

改めて、意識して皆の「Ñi」の発音に耳を傾けてみよう。(っていうか、それくらいちゃんと知っとけよ!と自分に突っ込みたくなってしまいます。まぁまぁ無知の知は知への第一歩、と慰める自分ももう一方にいたりして)

スペイン語と切磋琢磨されている皆さんのブログにこんな話題はちょっと恥ずかしいけど、あぁあ、基本って大事だな、と自分に改めて言い聞かせるつもりで投稿です。

Comentarios : 2