Blog de Iberoamigos

 

2/27 準応用通訳クラス 講師交替のご連絡

Categoría : その他  Admon  2013 年 2 月 20 日   17:40
2/27(水) の準応用通訳クラスは、櫻井先生が担当する予定でしたが、都合によりカロリーナ先生に変更となります。
 
 
 
 
 
   
Comentarios : 0 
 
 

ひなまつり

Categoría : その他  Tragaluz  2012 年 3 月 3 日   00:57

皆様お元気でいらっしゃいますか?
しばらくご無沙汰していたら、色んな事が起こっていた様子・・・

宮城県のミュージアム、頑張ってほしいなと思います。
KOMAIさん、ただただ尊敬するばかりです。
TANIさん、ものすごく遅くなりましたが素敵なリサイタルなさったんですね。
昨年は観れなくて残念でしたが、今年はぜひ♪♪
どこかで読んだおぼろげな記憶によれば、2012年はMONPOUと何やら関係がある年らしいと。

再び3月がやって来て、思い出す事が色々ありますが
皆様、素敵な雛祭り過ごして下さいませ!!

珍しい姿のみたらし団子発見しました。
エッグシェイカーと並べると不思議です。

エッグシェイカーも好きですが、MARACASはもっと好きで

MARACASが打ち出の小槌の様に思える最近です。

p10003962

Comentarios : 2  
 
 

2012 新年

Categoría : その他, 東北地方太平洋沖地震  Director  2012 年 1 月 1 日   15:04

今年の新年は安易に「明けましておめでとうございます」と言えません。

日西翻訳通訳研究塾は、東北の復興を願うと共に、3.11を教訓にし、政治家や官僚や大企業の言うことは「信じない、聞かない」ようにし、「自分は自分で守り」、今後の復興を支援していくことを宣言します!!

2012年が、みなさまにとって良き年となりますよう、衷心よりお祈り申し上げております。

2012_gajo

Comentarios : 0 
 
 

一日も早い回復を

Categoría : その他  Director  2011 年 9 月 19 日   11:18

小塾の副塾頭であるミゲス先生がちょっとした急病で入院&手術という事態が発生してしまいました。トホホです
大した病ではないので、手術をすればすぐにでも良くなって下さると思いますが、当面はやはり心配です。
また彼の講座に参加されておられる塾生の皆様にはなにかとご迷惑をおかけすることになると思いますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
無論、休講ではなく、代講を立てますので、授業は続行します。
とりあえずは、一日も早いご回復をお祈りするのみです。
塾頭

Comentarios : 2  
 
 

ちょっと気分変えてみません?

Categoría : その他, 東北地方太平洋沖地震  pan con tomate  2011 年 3 月 27 日   11:25

本当に怖い地震でしたね。
被災者の方々が一日も早く通常通りの生活に戻ることが出来るよう、心から応援しています。
まだまだこれからがさらに大変なのでしょうけどね・・・
この大震災の陰であまり注目されなかったのですけど、東京スカイツリーが目標の634mに到達した!ってご存じでしたか?
私は地元なので知っていたのですけど、ブログにこのことを書く時間も、心の余裕もありませんでした。
しかし、昨日の夕日に思わずカメラを持って外に飛び出しました。
左の写真はたしか一度このブログでご紹介したかも知れません?2010年8月5日の撮影で、右が昨日のです。
使用前使用後、って言うか、ビフォアー・アフターを見て頂こうと思って2枚を並べてみました
ちょっとズームの位置が違うんですけど、だいたい同じアングルで撮ったつもりです。
右下のビルの屋上フェンスを基準にすると違いがよく分かると思います
tac-05-08-2010-01tac-26-03-2011-03

Comentarios : 1  
 
 

みなさま

Categoría : その他  Tragaluz  2011 年 3 月 19 日   22:30

ご無事でいらっしゃいますか?? 猛烈な一週間でした。

今夜のSuper Moonを見て思うのは、体調に気を付けて、自分にできる事見つけ出してやって行こう、です。

それが何か考えたらまず募金・節電。

目について”!!私これ賛成!!”と思ったツイートは”こういう時こそ引きこもらないで元気に外で飲み食いして、消費を滞らせない事”でした。

p20110319

溢れる情報をOffして仕切り直す為、外歩きしました。

香りを掲載できないのがとても残念ですが

今日の日差しの中とびきり香って輝いてました。

確かに今日は風が強かったけど、梅の花からこれほど存在感ある香りがするとは

今日初めて体験しました。

p2011031900

桜のつぼみ。

近寄って触れてみました。

美しく、たくましい生命力を分けてもらった気がします。

現実であるには厳し過ぎる事柄が多過ぎる今、

私も皆様とともに頑張っていきます。

Comentarios : 0 
 
 

11-M japonés

Categoría : その他, スペイン  Director  2011 年 3 月 13 日   18:02


2004年03月11日は、スペインの首都マドリードで起こった同時列車爆破テロの「7周忌」だったのですが、日本で同月同日に発生してしまった信じられないような巨大「東北地方太平洋地震」のニュースが飛び込んだことで、この、やはり悲しい、しかしこちらの方は、テロリストたちによる半平和行為であったのですが、スペインの11-M関係のニュースは完全にかすんでしまい、日本の惨事を集中的に報道され、もちろん今もなおこの日本の惨事に、スペイン国民も大いに動揺しているようです。

しかしこれで、2011年03月11日、日本にも「11-M」ができてしまったことになります。

日本とスペイン両国間の関係が、こんなところで、そしてこのような悲しい形で深まるというのは本当に残念です。

ともあれ、仙台市内に住んでおられる塾生さんとの連絡がいまだに取れていません。

塾のドアが開かなくなったくらいはmal menorの最たるもので、本当に心配です。

一時間でも、一秒でも早く、この仙台の塾生さんとの連絡がとれるよう、皆様もお祈り下さるようお願い申し上げます。

この方は本当に熱心な塾生さんで、基礎レベルから勉強を始められ、僅か4年でセミプロ級にまで進級されたという、とにかく素晴らしい塾生さんなのです。

とは言っても、単に、ライフライン、停電や通信不通などが原因で連絡が取れないだけだと思うのですが…

塾頭:碇拝

Comentarios : 0 
 
 

花粉症の季節

Categoría : その他  Umichan  2011 年 2 月 27 日   15:16

img_78781

きました。いきなり。っていうか、こんな時、「いきなり始まらないものなんてないんだよな」って思う。なんでも最初があるわけで。でも、今年の花粉症の発症はおもしろかった。先週の金曜日の午後のこと。春一番が、ざーわ、ざーわ、びゅーうーっ、春がきたぞーっとばかりに吹いていました。なんと、私を含めた三人が次々と今年最初の花粉症を発症するのを目撃したのです。

職場の前の席に座る男性;「はーっくしょい」、「や、や、来たな。ついに。鼻水が止まんないよ」。

私;「はーっくしょん」、「目が熱い、喉が痒い、やっぱりきたか。熱いのはハートだけにしておきたいよ」。

家に帰ると、娘;「ぶうぁーくしょん」、「やだ、はじまっちゃった。ぶあーくしょん、ばーくしょん」。この人、女のくせに体がでかいもんで、くしゃみも骨太で、うるさいったらない。ところどころで私のくしゃみが入って、「ぶあーくしょん」、「くしゃん」ってなもんでたいへんです。

早速、〇ャープのプラズマクラスタを注文しましたが、激安価格だったので、三週間待ち。娘:「お母さん、三週間もしたら花粉の季節は終わっちゃうよ」

なんでも時宜を得た行動をしないといけません。備えあれば憂いなしです。憂いのあるは備えのなかりしかな(なんて言いませんね)。

時は春、そんな憂いとは縁のない猫が二匹、近所のお寺で戯れていました。かわいいにゃっ。

Comentarios : 0 
 
 

袴田事件

Categoría : その他, スペイン  Momota  2011 年 2 月 26 日   20:36

はじめまして。Momotaと申します。こちらのブログは、以前から覗き見、チラ見をさせていただいていました。スペイン語を学ぶ仲間が意見や情報を交換するとても良い場だなぁと思っておりました。
そんな折、先日、調べ物をしていたら、エル・パイス紙に掲載されたこんな記事を見つけました。
http://www.elpais.com/articulo/portada/42/anos/esperando/muerte/elpepusoceps/20110123elpepspor_9/Tes
私はこの記事を読むまで「袴田事件」の存在すら知りませんでした。袴田さんは、東京拘置所に収監される死刑囚で、現在74歳。逮捕以来すでに44年も年月が経過しています。年齢のせいもあり認知症を患っているそうです。支援グループの方々が熱心に行動し、無実を訴えつづけ、現在、再審請求中です。映画化もされているようですし、世間ではよく知られているのかもしれません。
ここで、当事者が有罪か無罪かとか、死刑制度の是非を問うテーマに触れるつもりはありません。ただ、この事件を「他人事」として看過せず、遠い海の向こうから取材に日本を訪れ、広範囲にわたる調査とインタビューを実施し、自国の全国紙の記事として掲載したことに、スペインという国の人権意識のありかたが、単なる言葉や知識としてではなく、肌感覚として伝わってきたことをお伝えしたいと思ったのです。
衝撃の内容です。人間という肉体と精神/魂からなる、柔らかな存在を、制度や法という無機質で無骨な枠にはめ込むことの残酷さに身震いがしました。
この記事は、「人間として生きる」ってどういうことなんだろうかとあれこれ考るきっかけを与えてくれます。読みながら、目の前の紅茶のカップに無意識に手を伸ばし、「おやつの時間だなぁ。気分は砂糖の入っていないビターチョコかな」と不謹慎なメタファーを思いついてちょっと得意な気分になった自分を恥じ、読み進めるうちに、そのビターチョコはかじると歯が折れるような岩となり、さらに、その岩は砕けて口の中はジョリジョリとした砂のような違和で一杯に。
記事を読んで鳥肌を立てるくらいのことしか自分にはできません。しょせん「他人事」にすぎず、またいつもの日常にもどってゆくわけです。
だから、せめてここで記事を紹介させていただこうと思いました。興味がおありでしたら、読んでみてください。

Comentarios : 0 
 
 

もうすぐひな祭り(*^_^*)

Categoría : その他  pan con tomate  2011 年 2 月 20 日   19:28


女性にとっては嬉しいお祭りがもうすぐやってきますね。
そしてそれと共に「春」も…
natillaさん
Megumi Taniさん
Komaiさん
ごめんなさい。
せっかくスカイツリーの写真にコメントを下さったのに、まったくお答えもしないで… (。。ゞ

実はあの後、出張で海外にいました。ごめんなさい。
そのお詫びというわけではないのですけれど、私の地元墨田のもう一つの自慢をさせて下さい
この写真は、あのJR両国駅のホームと改札を結ぶ階段に、駅員たちが飾ったひな壇なのです。
因みに、あまり知られていないのですけど、両国駅には、まったく使用されていないホームがあります。このホームと改札を結ぶ階段すべてを使って飾られていますから、とっても段が多いのを見て頂けると思います。
この「幻のホーム」は、その昔、天皇陛下が相撲見物に来られる時に使用されていたホームで、同じようにまったく使われていないけれど、同じような目的で作られたホームは原宿にもありますよね。
でも、このような形で利用してくれて、とっても嬉しいです。
写真は写メですから、あまり写りが良くないですね。ごめんなさい。
いつものカメラを持っていなかったもので…
ではまたの機会に。
ryogoku_hinakazari

Comentarios : 2