Blog de Iberoamigos

 

バスク語文学 作家来日講演

Categoría : スペイン, 文学  Komai  2012 年 10 月 14 日   17:25

塾のブログを放置状態ですみません。

今後はイベント情報をなるべくアップしていきたいと思います。

早速、今回はバスク語文学のお知らせです。

バスク人作家のキルメン・ウリベによる、初の長編が邦訳されました。以下、来日記念講演のお知らせです。

ご興味のある方は是非お運びください。 駒井睦子

イベント情報①
バスク語から世界へ——作家キルメン・ウリベを迎えて
日時:116日(火)18:00
会場:東京外国語大学府中キャンパス 講義棟115教室
概要:現代バスク文学の書き手として国際的に活躍する作家キルメン・ウリベ氏を迎え、
10月に邦訳が刊行されたばかりの『ビルバオニューヨークビルバオ』(白水社刊)
について、そして今日の世界文学におけるバスク語作家としての視点についてお話を伺い
ます。バスク語による朗読も聴くことができるまたとない機会です。言語、社会、現代文学
に幅広い関心をもつ方々のご参加をお待ちしております。
〈第一部〉キルメン・ウリベによる講演と朗読
〈第二部〉鼎談
キルメン・ウリベ
今福龍太(東京外国語大学総合国際学研究院教授
金子奈美(同大学院博士後期課程、『ビルバオニューヨークビルバオ』翻訳者)
言語:日本語、スペイン語、バスク語(通訳付き)、入場自由


イベント情報②
『ビルバオニューヨークビルバオ』出版記念対談&朗読会
日時:117日(水)19:00
会場:セルバンテス文化センター東京 地下1階オーディトリアム
概要:スペインの公用語の一つであるバスク語の作家キルメン・ウリベ氏が来日、
2009年のスペイン国民小説賞、スペイン批評家賞バスク語小説部門を受賞した
『ビルバオニューヨークビルバオ』(白水社刊)の邦訳出版を記念して、
対談と朗読を行ないます。比較文学者で詩人の管啓次郎氏をゲストに迎え、
海を越えて移動する三世代の家族の物語が絡み合う本書の魅力と、作家自身の
文学観について語り合っていただきます。バスク語・日本語での朗読を予定しています。
言語:スペイン語(日本語への同時通訳付き)
入場無料、要予約(参加ご希望の方は以下のウェブサイトよりご予約下さい)
Comentarios : 0 
 
 

ご無事を祈ります & 在日外国人のためのHP

Categoría : 東北地方太平洋沖地震  Komai  2011 年 3 月 14 日   12:54

塾頭から書き込みがありましたが、本当に大惨事となり、特に東北地方の皆様のご無事と、一日も早い救援を祈るばかりです。

その他の地域にお住まいの皆様も、ご無事でいらっしゃいますように。

余震もまだ続くとのこと、お気をつけてください。

 

大学関係から回ってきた情報を掲載します。

幾つかの大学の学生が、在日外国人のための各国語の災害対応マニュアルを作ったそうです。

スペイン語ページもあります。

 

よろしければ、このページを周知させることにご協力頂きたい、とのことです。

日本語がよく分からない方もいらっしゃることでしょうから、お役に立てばと思います。

http://nip0.wordpress.com/

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

皆様、どうぞお気をつけてお過ごし下さい。

 

日西翻訳通訳研究塾

 

駒井睦子

Comentarios : 0 
 
 

迎春 2011年

Categoría : スペイン  Komai  2011 年 1 月 4 日   20:04

明けましておめでとうございます。

本ブログにアクセス中の皆様にとって、よい年でありますように。

2011-01-02

Comentarios : 3  
 
 

銀杏並木つづき

Categoría : その他  Komai  2010 年 12 月 3 日   10:44

Tragaluzさんにならって、キャンパスの銀杏並木を投稿します。逆光になってしまって、向こう側の空の青さが強調されていますが。2010-11-30-21

 

もう一丁2010-11-30-1今は授業時間なので、歩く人が少ないです。

 

もうしばらくすると、イチョウの木が全て葉を落とし、この並木が黄金ロードになります。

Comentarios : 1  
 
 

77777と7777

Categoría : その他  Komai  2010 年 11 月 26 日   21:17

Kariyanさん、まいど、おばんです。(ん~この単語は関西風挨拶と分かっていてもよくない語ですねぇ)

気楽なネタでも、というKariyanさんのお言葉につられて写真を持ってきました。我が家の車の走行距離が全部7をマークした記念写真です。

100725_16430001

この車は10年前に中古で買ったカローラです。つまり10数年前のモデルということですね。なかなかすごいでしょう。カーステレオがラジカセなんですよ。

CDもMDも聴けません。もちろんカーナビもありません。車にだけ使用するためにカセットテープを時々録音している我が家です。

前の持ち主も、今の持ち主(亭主)も大切に乗っているので、こんなに長持ちしています。

走行距離が77777キロになったのが上のメーターですよね。下のも、7777になった記念写真です。あれ、この下のメーターって何を示している数字なんでしたっけ?

わたしは運転しないもので。へへへ。

メートル?

だとすると7万7千7百7十7キロと777メートル70センチ走ったところの数字、でしょうか。これであってますかね。それにしてもいい数字でしょう。

この数字を目にしたあなたに幸あれ!パチンコだったら一杯いろんなものがもらえる数字ですか?

Comentarios : 3  
 
 

ノーベル文学賞

Categoría : 中南米, 文学  Komai  2010 年 10 月 8 日   13:27

ペルーの作家、マリオ・バルガス・リョサ(ジョサとするむきもあり)氏がノーベル文学賞を受賞しました。ガルシア・マルケス氏と共に、ラテンアメリカ界の重鎮で、作品もたくさんあるので、どれを読んだらよいのか難しいところです。ノーベル賞効果で、書店のラテンアメリカ文学コーナーが活気付くといいなあと期待しています。

みなさまも秋の夜長に、是非リョサの本を読んでみてください。個人的には、やはり代表作といえる「緑の家」、自伝的な「フリアとシナリオライター」、「都会と犬ども」が好きです。

ノーベル文学賞といえば、日本でも村上春樹氏が候補にあがっていましたね。村上氏が受賞を逃したのは残念でしたが。

Comentarios : 0 
 
 

メキシコ学研究会のお知らせ

Categoría : 中南米, 音楽  Komai  2010 年 5 月 14 日   19:57

友人からこんな勉強会があることを教えて頂きました。

研究者や学者を対象としたものではなく、どなたでも参加できる気軽な勉強会です。参加費も400円というお手軽さも嬉しいですね。

 

今度のテーマは、ラテンアメリカのヌエバ・カンシオンについて です。

 

御興味のある方は是非。

 

以下、転載します。

 

第75回メキシコ学勉強会のお知らせ

テーマ「ラテンアメリカのヌエバ・カンシオン」
 1960年代から70年代にかけて、南米のチリをはじめ、アルゼンチン、ウルグアイ、ベネズエラ、ボリビア、メキシコ、ニカラグア、キューバなど、中南米各地で「新しい歌」と呼ばれる音楽の巨大なムーブメントが起こりました。1960年以後の社会運動と密接につながった社会派のフォルクローレという枠組みだけでははかれないほど、その後の中南米の社会と音楽に大きな影響を与え、現在も脈々と生き続ける、そのムーブメントについて、音楽を聴き、映像を見ながら、話させていただきたいと思います。

発題者=八木啓代(歌手・作家)
日時=2010年5月17日(月)19時~21時
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D
    JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。
    書泉ブックタワー隣り。駅からから徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐ
    わかります。
会費=400円

◆メキシコ学勉強会◆
 メキシコ学勉強会はとにかくメキシコが好き!という人が集まって、おおよそ月1回のペースで、メキシコに関して様々なテーマで、話し合う集まりです。話し合うテーマは政治・経済・社会・文化等々、それこそ何でもあり。各人がそれぞれ興味のあるテーマについて調べて発表し、それに基づいてディスカッションしたり、時には外部からゲストをお招きして、そのお話を聞く回もあります。勉強会を通して、自分とは異なった視点からのメキシコや、知らなかったメキシコ、もっと面白いメキシコに出会っていく場になればと、考えています。メーリングリストに登録(無料)され、毎回参加するのも、興味のある回のみに飛び入り参加するのも、自由。会費は各回、会場費実費の400円のみ。皆さまの参加を、是非是非、お待ちしております。

これまでの勉強会
http://www.geocities.jp/sr_yokishi/conocer_mexico.html

Comentarios : 0 
 
 

Embarazada falsa

Categoría : その他  Komai  2010 年 4 月 16 日   21:01

今日は冬が戻ってきたような日。コートをはおり、マフラーを巻き、手袋をはめて出かけた。風邪を引いていたので、大きなマスクをかけて。

 夕方、仕事先から帰宅する電車内で、あいているつり革を見つけ体を滑り込ませる。ウオークマンを操作し、お気に入りの曲を探していると、斜め前に座っている年配の紳士が、腰を浮かせ「どうぞ。」と、席を譲ろうとしている。

ワタシ?

ウソでしょう?

「あの、大丈夫ですから!」と断るワタシに、その紳士は穏やかな微笑を浮かべ「いいから、どうぞ座ってください。」とあくまで席を譲ろうとする。

わけがわからないまま「ありがとうございます。」と言って腰をかける。

そんなに疲れた顔をしているかな?

マスクをしているから、よほど具合が悪そうに見えるのかな?

どうみても相手よりワタシのほうが若いわけだし、病人に見えるのかな?

あたりをそっと見回すと、マスクをしている人も多い。大体、斜め前のワタシを名指しで席を譲ってくれるなんて。

はっ!


思いついたとき、背中につめたいものが流れた。いやはや。

妊婦に間違えられたのだ。

困った。妊娠はしていない。妊娠するような年はとっくに過ぎている。どうしよう。大きなかばんでおなかを隠すようにして、寝たふりをすること15分。気詰まりである。万が一、偽妊婦だと言うことがばれても

「妊婦のふりをして!キサマ、この偽者め!」と非難されることもないだろうが。

こんなことなら立っているほうがマシである。我慢すること15分。降りる駅に着いたので、先ほどの紳士にお礼をいい、おなかをかばうようにして降りる。こうなったら妊婦の気分だ。

駅を出ると、雨はまだ降り続いている。傘を差し、コートの左ポケットに無造作に突っ込んだ、ふかふかの手袋を取り出し手にはめる。これが、偽妊婦の正体だ。席を譲ってくれた紳士には感謝の念と共に申し訳なかったと思う。二度と手袋をポケットに入れたまま電車には乗るまい。マスクが年齢をわからなくしたことも原因であることは言うまでもないが。

Comentarios : 0 
 
 

翻訳刊行いくつかお知らせ

Categoría : 中南米, 文学, 翻訳  Komai  2010 年 4 月 10 日   20:37

バルガス・ジョサ

http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ID=0110908002

 

アドルフォ・ビオイ・カサーレス

http://books.livedoor.com/item/3821719

 

エルネスト・サバト

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/AAX92332/

Comentarios : 0 
 
 

中南米音楽 イベントのお知らせ

Categoría : 中南米, 音楽  Komai    20:30

おしらせ係のKomaiです。

まずは第一弾。音楽のイベントです。

http://tower.jp/blog/towergoto/entries/4687

Comentarios : 0