Blog de Iberoamigos

 

聞く人を感動させる通訳とは

Categoría : 通訳  AN  2009 年 6 月 13 日   12:40

今年は日本とメキシコの友好400周年にあたり、年間を通じて様々な記念行事が開催されています。

その一環として、メキシコの帆船「クアウテモック号」が大阪、横浜に寄港後、400年前にメキシコ人と日本人の最初の交流の現場となった千葉県御宿沖にやってきました。
01cuauhtemoc

当時、航海中に難破し、千葉県沖で座礁していたヌエバエスパーニャの船、サンフランシスコ号の乗組員300名以上を、御宿の地元住民たちが救助、保護し、最終的には徳川家康公の計らいもあって新しい帆船をもらって無事帰還したことが当時スペインの属領であったメキシコと日本の修好の契機となったそうです。

御宿の丘の上にある日西墨三国交通発祥記念碑で黙祷を捧げるイベント終了後、なんとそこに、思いがけないお方の姿を発見!

記念塔

塾でもっともお世話になった(あ、塾長の次でした!)サンチェス先生でした。なんと、昨年御宿に自宅を移されたことをきっかけにたまたま地元のイベントのお手伝いをされていたとのこと。

夕方に開かれたレセプションではサンチェス先生、日本側の重要人物の方々のスピーチ、メッセージの通訳を務められていました。
Prof. Sanchez

そのスペイン語の訳文の素晴らしかったこと!

大使館勤務で日本語もできるメキシコ人女性の一人が真剣にメモをとっているので、「何を書いてるの?」と聞いたら、実はサンチェス先生の表現が素晴らしかったので書き留めていたのだとか。さらに、私がサンチェス先生と立ち話をしていると上司が寄ってきて「あなたの通訳には感動した」と先生に話しかけていました。

先生は、事前に原稿を受け取られたとき、特に中でも一つのスピーチに感銘を受け、これには相応のスペイン語を使って表現するべきと考えられたそうです。

例として一文だけ挙げると、

(当時のエピソードに記された人類愛を我々は後世に伝える義務がある、という発言の後)「現代の国際社会においても人の命ほど尊いものはなく、人間は常に平等でなければなりません。」

という原稿を

Las enseñanzas que nos quedan de este episodio son: el valor supremo de la vida humana en cualquier situación y la igualdad absoluta entre seres humanos, sean de donde sean, dos cosas verdaderamente sagradas.

と表現されておりました。どうです?!

このような訳し方は熟練したごく一部の人にしかできないし、また許されないことなのかもしれませんが、すぐれた通訳、翻訳により原語により伝えられるスピーチの真意が言葉の重みを伴って別の言語においても伝えられるのだということを思い知る経験となりました。

Comentarios : 3  
 
 

インフルエンザに関し、あるお医者様からの忠告です

Categoría : その他  AN  2009 年 5 月 21 日   11:54

 

アメリカで、水疱瘡と混同して、
新型インフルエンザ感染者を呼んで集会を開く行為を、
保健当局が「本人と周りの子供らを危険にさらす」と
警告する事態になっている。

弱毒性の今のうちにかかっておこうなどという妄想は、
捨てたほうがいい。

そもそもインフルエンザウイルスは、
非常に変異しやすいウィルスなので、
今かかっても、今秋以降の第2波に有効とは限らない。

一度かかれば二度とかからない、
はしかや風疹、水疱瘡とはウィルスのタイプが違うのである。

また、潜伏期間が長く、
発症前からウィルスを排出するインフルエンザは、
かかってから外出を控えるくらいでは、
感染拡大を阻止できない。

社会のためを思えば、かからないのが一番である。

インフルエンザは飛沫感染である。
咳、くしゃみでとんだ唾液や鼻水にウィルスがいる。
それらがついた手で触った場所にはごっそりいる。
その場にとどまったウィルスは、
同じ場所を触った手について、
その手で鼻や目をこすったり、食べ物を食べたりして、
次の犠牲者に侵入する。

マスクの網目よりウィルスの方が小さいから、
マスクにウィルス自体の吸入を防ぐ効果はない。
しかし、ウィルスを含んだ唾液や鼻水が飛び散るのは防げる。
だから、マスクは咳や鼻水がある人こそつけるべきだ。

石鹸をつけて、念入りに手を洗えば、
御大層な消毒薬や洗浄剤はいらない。
しかし、どこでウィルスが手についているか分からないので、
こまめに手を洗うことだ。
迂闊に目や鼻をこするのはやめた方がいい。
うっかり鼻を触るのを妨げるという点では、
マスク装着も感染予防になるといえるかもしれない。

公共の場所で手を洗う場合は、
水栓にウィルスが付着しているかもしれない。
使い捨てのペーパータオルが備え付けてあれば、
水を止める前に手を拭き、
そのタオルで水栓をつかんで水を止め、
そのまま捨てるといい。

家に帰ったらしっかりうがいをすることだ。

人ごみに近づかない、不要不急の外出は控える。

部屋は十分に加湿し、換気をこまめに行う。

予防策はこれに尽きる。

不幸にしてかかったら、まずは病院に行く前に電話相談だ。
発症(発熱)から48時間以内に抗ウィルス薬を飲むと、
効果的だ。

が、抗ウィルス薬はウィルスを殺す薬ではない。
のどなどの粘膜で増えたウィルスが
体に出ていくのを止める薬だ。

実際にウィルスに対抗して病気を治すのは、
本人の免疫力だ。
抗ウィルス薬は飲み始めた時点以上に
体内でウィルスが増えるのを抑える役割と考えてほしい。

まったく抵抗力がない状態から、免疫がついて治るまで、
数日はかかる。
その間は、まさに本人の体力勝負となる。

生き残るには、普段から体力を温存して、
丈夫な体をつくっていること。

よく寝、よく食べ、節制を心がける。
健康を保つことだ。

 

 

マスクを予防的に使用することに関しては賛否両論あるようで、
「マスク」 新型インフルエンザで需要急増 予防効果なし!?「過剰防衛」
とか
なんていう記事もあります。
マスク品薄のためネットオークションでマスクに10倍の値がついたなんてこともあったようです。
手持ちのストックが少ないと緊急時のためにとっておこうという気持ちも働いてしまいますが、マスクがなくても手洗い、うがいを徹底することによって感染防止には役立つようです。
皆様もぜひ実践を!

 

 

Comentarios : 2  
 
 

質問です(テスト投稿)

Categoría : スポーツ  AN  2009 年 3 月 27 日   22:04

テスト投稿ですがいきなり皆様のお知恵をお借りしたいことがあります。

スペインの自動車ラリーに「Vila Joisa Rally」というのがあったそうで、このVila Joisaのカタカナ表記をどうしたらよいかとの質問を知人から受けました。カタランでしょうか?

どなたかご存知の方いらしたら教えてください。  a.n.

Comentarios : 2