翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です

Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

ここは日西翻訳通訳研究塾ホームページ「海ちゃん」シーズンIIのNo.19のページです
 
     

「猫の額(海ちゃんのスペイン語広場)」
"Rincón del español variopinto de Umichan y Mariaño" Temporada-II  No.19

"Poisson", "poison" y "boisson"
魚と毒と飲み物
Mariaño ¡Uf, uf, uf...! ¡Qué calor hace! ¡No lo soporto más!
マリアーニョ:ふぅ、ふぅ、ふぅ!なんて暑いのにゃ!もう、我慢できにゃい!
Umi-chan Aún sigues diciendo lo mismo desde agosto.
海ちゃん:君は8月からずっと同じこと言ってるにぇ
Mariaño: Ya lo sé. Es la fuerza de la costumbre. Y además acabo de bañarme en la bañera con el agua bien calentita. … glup, glup, glup … (tomando un refresco)
マリアーニョ:わかってるにゃ。つい癖になっちゃってにゃ。それに、僕ちゃん、あったかいお風呂からあがったばかりなのにゃ。 … ゴクゴクゴク … (冷たいドリンクを飲みながら)
Umi-chan: ¿No detestabas meterte en el agua? ¿No decías que eras un gato ortodoxo?
海ちゃん:水につかるのは嫌いなんじゃなかったにょ?君は正統派の猫だからとか言ってなかった?
Mariaño:   Es que entiendo francés. No me gusta el agua donde hay peces. Porque en francés la palabra “pez (poisson)” es muy parecida a la palabra “veneno (poison)”. Pero tú, por ejemplo, puedes bañarte ingenua y felizmente con los peces ya que no entiendes francés. Sé que no va a pasar nada nadando con ellos. Pero mi conocimiento de francés me impide hacerlo.
マリアーニョ:僕ちゃんはフランス語もわかるのにぇ。魚がいる水は好きじゃないにょ。フランス語では、「魚(ポワソン)」という単語は「毒(ポワゾン)」と言う単語にとても似ているにぇ。でも、例えば君は、フランス語はわからないので、無邪気にも楽しくお魚といっしょに泳げるわけにょ。お魚と一緒に泳いでも大丈夫だってわかっているけど、僕ちゃんはフランス語がわかるせいでダメにぇ
Umi-chan:   La pijotería de este gato español me da la murga. Pues, si es así, déjate de tomar “bebidas (boisson)”.
海ちゃん:なんかイヤミなスペイン猫だにゃぁ。だったら、飲む(ボワソン)のもやめればいいのに
Director: ¡Bravo, Umi-chan! ¡Qué inteligente eres!
塾頭:海ちゃん!す、すごい教養!!
Umi-chan:   ¡Toma ya!
海ちゃん:えへん!
     
今月のポイント:
(01) el agua bien calentita縮小形(示小辞)にすることで単にagua calienteと言うよりも心地良さが伝わってきますね。aguaは単数形の場合には男性形の定冠詞になるのだけれど、品詞としてはあくまでも女性形なので、形容詞の性には気を付けてね
(02) por ejemploここでは「君だけじゃないんだけどにゃ…」という意味あいを出すために入れました
(03) ingenua y felizmente今さら言うこともないかもしれないけど、副詞を二つ以上つなげるときは、最後の副詞以外は女性形になってmenteも省略しますよね
(04) La pijotería de este gato español me da la murga直訳すると「このスペイン猫のばかばかしさが僕を困らせる」なんだけど、これじゃお友達同士の会話らしくないので意訳?超訳してしまいました
(05) ¡Toma ya!「どう?僕偉いでしょう」っと威張ったりするときに「エッヘン」なんて言ったりしますよね。スペイン語人はいつでも威張っているからなのかどうか知らないけれど、この「エッヘン」にピッタリくるスペイン語がないのです。そこで、「それ見ろ!」とか「どうだ。参ったか!」と言うような場面で表現されるこのスペイン語をあててみました
(06) 文中のフランス語[poisson]ポワソン=魚[peces][poison]ポワゾン=毒[veneno][boisson]ボワソン=飲み物[bebida]
でわ、またにゃっ つづく… (Continuará)

これらの読み物は、すべて小塾の関係者が執筆しており、コピーライトは小塾が有しています

このシーズンの入口ページに戻る シーズン-I を読む