翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です

Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

ここは日西翻訳通訳研究塾ホームページ「海ちゃんの猫の額」シーズンIIのNo.13のページです
 
     

「猫の額(海ちゃんのスペイン語広場)」
"Rincón del español variopinto de Umichan y Mariaño" Temporada-II  No.1
3

Economía del Espacio I
スペースの有効利用 その1
Mariaño: El mes pasado dijiste que en Japón teníais que economizar el espacio. ¿Qué hacéis en concreto?
マリアーニョ:先月号で日本ではスペースを有効利用しなくてはならないって言ってたけど、具体的には何をやっているにゃ?
Umi-chan: Usamos el sistema tradicional del futón, colcha y colchoneta al estilo japonés. Además de ser cómodo dormir en el futón, el sistema es muy bueno para ahorrar espacio. A la hora de dormir, lo colocamos sobre el suelo de “tatami” y al levantarnos lo guardamos de nuevo en el armario empotrado, “oshiire”. Así el cuarto puede usarse de varias maneras.
海ちゃん:僕は日本の伝統的な布団で寝ているにょ。布団は寝心地が良いばかりでなく、この方法はスペースを節約するのにとてもいいにゃ。寝る時間になったら畳の上に布団を敷く。そして、起きたらまた押入れに入れる。こうすれば部屋はいろんな用途に使えるというわけにゃ
Mariaño: O sea todas las noches lo sacáis del “oshiire” y todas las mañanas lo metéis de nuevo en el “oshiire”. ¡Qué despilfarro de energía! Con razón la mayoría de la gente sentada en el tren que va al trabajo está dormida ya desde la mañana.
マリアーニョ:つまり、毎晩、押入れから布団を出して、毎朝、押入れに戻すわけにぇ。なんというエネルギーの無駄使い!電車の中で座っている通勤の人たちのほとんどが朝から電車の中で眠っているのも納得にゃ
次号に続く
今月のポイント:
(01) sistemaここでは、上げ下ろしをして使用する日本の布団の「使い方」全般をさしています。economizarahorrarの違い: 文中に同じような意味でこの二つの単語が使われています。どちらも、「倹約する」「節約する」という意味なのですが、同じ「倹約・節約」でも、ahorrarがひたすら使わないように頑張るのに対して、economizarは「効率」や「有効性」が視野に入っています
(02) el futón日本のふとんのことで、すでにRAEにも”Colchoneta de algodón que sirve como asiento o como cama, típica del Japón.”と紹介されています
(03) despilfarro de〜「〜の無駄遣い」「〜の浪費」
でわ、またにゃっ つづく… (Continuará)

これらの読み物は、すべて小塾の関係者が執筆しており、コピーライトは小塾が有しています

このシーズンの入口ページに戻る シーズン-I を読む