翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です

Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

ここは日西翻訳研究塾ホームページ「海ちゃんの猫の額」シーズンIIのNo.03のページです
 

 

 

     

「猫の額(海ちゃんのスペイン語広場)」
"Rincón del español variopinto de Umichan y Mariaño" Temporada-II  No.03


あとでね
Luego te hago caso
Umi-chan ¡Autora! Tengo hambre.
海ちゃん:アウトーラ、僕ちゃんお腹へったにゃ
Autora: (No contesta)
アウトーラ:(答えない)
Umi-chan: ¡Eh! ¿Me escuchas? ¡Que tengo hambre! Tengo mareos.
海ちゃん:ねえってばぁ、聞いてるにょ?お腹減ったんだってば!もう、くらくらするにょ
Autora: Abre la lata de atún Miau y te la comes.
アウトーラ:ツナ缶の「ミャウ」でも開けて食べれば?
Umichan: No me haces caso.
海ちゃん:冷たいにょね
Autora: ¿No ves que estoy viendo la película que tanto me gusta? Es que a este pobre gatito le apartaron de su madre para regalarle a otra familia. Él decide regresar a donde su madre. ¡Qué grandeza siendo tan pequeño!
アウトーラ:お気に入りの映画をみているのよ!このかわいそうな子猫ちゃんはお母さん猫から離されて他の家にもらわれていったの。でも、こんなに小さいのに、えらいわねぇ、お母さんのところに戻ろうって決意するの
Umichan: No me gusta. Yo soy más pobre que el gatito. No puedes presumir de ser atenta y escuchar bien a los demás.
海ちゃん:おもしろくにゃい。僕の方がかわいそうにゃ。そんなんじゃ、アウトーラ、「私は人の話はちゃんと聞くのよ」なんて、えらそうなこといえにゃいよ
Autora: Estoy viendo la película escuchando a los personajes. No puedo hacer dos cosas a la vez. Luego te haré caso. Ahora no.
アウトーラ:映画見ているんだから、登場人物の言うことを聞いているの。一度に二つのことはできないの。だから、あとでね。今はダメ
 
(Umi-chan abre la lata y se la come con desgana.)
(海ちゃんやけくそで缶詰を開けて食べる)
 
今月のポイント:
1) ¡Que tengo hambre! "Te he dicho que tengo hambre.”の前半を省略した形で、「だから、…って言ってるでしょ」という強調
2) “tengo mareos” 「めまいがする」「へとへとになる」。ここでは、ただ空腹なだけではなく、かわいそうな海ちゃんは、もう思考も働かないし、体もへろへろになっちゃっているのです。”Me estoy mareando.”の他、”Siento mareos.”とも言います
3) “hacer caso” 「意に介する」「気にとめる」先月号にも出ました。日常のいろいろな場面でよく使われる便利な表現です。ですから、状況によって適切な日本語訳も変わります。今後もたびたび取り上げますので、ニュアンスと使い方を覚えてくださいにゃっ
4) “presumir de” 〜を自慢する・うぬぼれる
5) “se la come” ”comer””se”がついているのは海ちゃんがかわいそうなことを強調するための口語表現
 
  でわ、またにゃっ

以上は、本塾のメールマガジン『塾maga』2009年04月号(No.102)に掲載されたものです

これらの読み物は、すべて小塾の関係者が執筆しており、コピーライトは小塾が有しています

このシーズンの入口ページに戻る シーズン-I を読む