Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語能力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です


Mascota
"Umi-chan"

 

各種お問い合わせ

各種お申し込み

 
ここは日西翻訳通訳研究塾ホームページの「塾関連ニュース」のページです

『日西翻訳通訳研究塾』のニュース (2017)

   
 
Ago-2017
本日31日、無事、2016-17学年度が終了し、今週土曜日の02日は、年に一度の恒例になっている塾パーティが回される予定です。これを機に、日本中から多くの生徒さんが集合されるよていです 
Ago-2017
28(月)、「教養講座〜スペインしませんか? (史ま専科?」」が無事終了し、これにて、2014年09月から開催されていた、塾頭による、スペイン史シリーズが一応完了し、来年度は一旦教養課程はお休みに入ります
Ago-2017
e-Tenの進級者発表 
Ago-2017
通信教育部(e-Ten)の進級者の決定会議開催され、今年は応用級からセミプロ級への進級者2名が決定 
Ago-2017
613教室のトイレ改善工事も完了 
  Jul-2017
今期の最終回となる第3回通訳案内士模擬試験開催
  Jul-2017
新学期の新講座などが公表される 
  Jul-2017
まず612教室のトイレの改善終了 
  Jul-2017
ビル自体の老朽化によって、両教室の水洗タンクの調子が悪化し始め、工事開始 
  Jul-2017
来学年度のテキスト準備始まる 
  Jul-2017
塾パーティ史上初。02ヵ月前の開催日など詳細を公表する
  Jun-2017
去る24日に通訳ガイド筆記模擬試験の第二回目が開催されました。今年はいずれにしても在宅受験者の方が多かったのですが、市ヶ谷校での受験では欠席者が出たりして塾内受験はやや寂しい感じでした
  Jun-2017
月末にトイレの洗浄タンクの水の流れが止まりにくくなり調査の結果、老朽化とのことで、早速工事業者に連絡。工事は07月?!
  Jun-2017
毎年恒例の『塾パーティ』の詳細がまとまりました。07月に発表します
  Jun-2017
来期からの新加入を予定している講師(イケメン日墨人)が、先行し、翻訳セミプロクラス(火・金)の4講座を担当する
  Jun-2017
来学期(2017年09月〜)の準備が始まる
  May-2017
臨時的措置ではありましたが、Norie先生が初めて土曜日3クラスで指導されました
  May-2017
SDの休み明けの初日は、何と、通訳ガイド筆記模擬試験の第一回目が開催されました。今回で07年目となる塾の模試ですが、今年の特徴としては、史上初めて、塾内受験者よりも、通信による『在宅受講生』の数が大きく上回ったことでしょう!!
  May-2017
日本のSDは、長い人なら09日間のお休みだったようですが、塾は07日でした
  Abr-2017
櫻井先生の急病にて04月07日の授業が休講になりましたが、補講日は 
  Mar-2017
以下とはまったく真逆の理由(あまり宜しくない理由なので公にできません)にて講師のお一人が塾を去られました
  Mar-2017
長い間塾を支えてきて下さった駒井先生が、この度清泉女子大学の専任講師に就任されることになりました(パチパチパチパチ〜)。そこで、従来のような定期的な講座担当からはしばらく外れてしまわれます。がしかし、大学側にもお願いし、期間限定にて継続はして頂けるようになりました。今回の件は実におめでたい話で、講師一同、そして生徒さんたちも、一同嬉しさで一杯です
  Mar-2017
17日、サンチェス先生の講座が急遽休講になり、補講は04月20日になりました
  Mar-2017
10年間ほとんど受講生に変化が生じなかったという極めて特殊なクラス、「内田 兆史先生と『ラテンアメリカ文学を訳す』」クラスが、この03月06日の授業を持ってお休みに入りました。理由は、内田先生が、04月より本務校にてサバティカルに入られ、01年間の予定でアルゼンチンに行かれるからです。次の再開は2018年09月を予定していますが、その間も実は、生徒もそして先生も、個別に「ある作業」を進められることになっています
  Mar-2017
2016-17年度の前期も無事終了し、後期が始まりました。とは言っても、小塾でセメスター制を採っているクラスは、唯一、『日本事象クラス』で、前期は隔週授業。これに伴い前期のみ隔週講座がもう一つあり、従来はビジネススペイン語講座だったが、これは今期はお休みし、今期は『観光通訳ガイド実践講座』が開講された。すでにガイド免許を取得している人々を対称とした講座で、この講座は今後の核となっていくべき講座である
  Feb-2017
20日の午前中に大変なことが発生しました。塾のメールアドレスの送信がプロバイダーによってブロックされてしまったのです。お金を払っていなかった?そんなに塾は貧乏?いや〜確かに儲かってはいませんが、プロバイダーにはきちんきちんとお支払いしています。HPがなくなると、塾はもう本当にやっていけません。塾頭がいなくなってもさほど大きな問題ではないのですが、HPが機能しなければ大変なことになります。調べて見ましたら、世界中を走り回っているどこかのロボットが、塾のメールアドレスのパスワードを盗み出し、大量の迷惑メールを配信したとのことだということがわかりました。この問題の解消には、01週間以上を要し、その間、このアドレスからの発信はできませんでした。あ〜〜〜恐ろしい!!
  Feb-2017
講師も人間。病気もします。しかしめったにしません。2011年に一人入院騒ぎを起こした人がいましたが、今回はインフルエンザで、通信教育部の添削ができず、20日に返却予定だった答案を返却できないという事件が発生しました
  Feb-2017
通訳案内士の二次試験合格者(つまり、最終的な合格者)が発表され、小塾の受験生で一次合格をして二次に挑戦した人たち(05名)の内04名が合格(塾内合格率80%)でした。今年全国でスペイン語で合格された方は59名でしたので、小塾のシェアは少なかったようです
  Feb-2017
去る11日(土・祭日)、恒例の『超集中通訳ガイド講座』のオリエンテーションが開催され、会場の612教室が朝の10時から活気づきました。今年は残念ながら、毎年お呼びしているゲスト(現役通訳ガイドさん)が、オフシーズンの02月にもかかわらず皆さん大変忙しくされていて、どなたにも来て頂けませんでした。それもそのはず、スペインからの観光客が急上昇中なのです
  Ene-2017
31日、塾が入居しているビルで昨年の10月初旬から行われていた大改修工事が無事終了しました。
  Ene-2017
25日、塾が入居しているビルの1階に、コンビニ大手の「7&11」がオープンしました。これによって、塾にやって来る人たちのための大きな目印が出来上がったと言うことになります
  Ene-2017
10年振りと思われる『事件』が発生しました。それは、受講生が、授業終了の05分前である08:55に塾に到着し、授業に出席しました。遅刻の原因は当然『(会社の)仕事』でした。生徒のほとんどが仕事をしながら勉強を続けています。皆さん本当に熱心ですが、さすがに終了05分前に到着するだろうと思いつつ塾に向かうまでの熱心且つ根性のある人はなかなかいません。なおその日の、授業は「いつものように」09時きっかりには終わらず、それから約30分は授業が行われました…。
  Ene-2017
ビルの改修工事の一環として、正月明けすぐの土曜日、07日に、ビルが全館停電となることを受け、土曜日の授業は、一部を延期し、一部を、規定に則り、添削授業に切り替えた
  Ene-2017
塾史上初めてと思われる、年初から講師による病気休講が続出しました。もちろん小塾では、補講などの措置を採ることになっていますので、受講生が、授業料を失うことはありません

さまざまなスペイン語圏関係の活動を支援しています
ご希望の方はメールにてお知らせ下さい
但し、基本的に塾生のみが対象です。ご了承下さい