原発も核兵器も戦争もない世界を目ざして! だからMonoMonoしいのはいや! 一年宜しく
Fundado en 1995
スペイン語翻訳通訳
Instituto de Traducciones de Tokio
Sonríe y mejora tu país.

「塾maga」 Año XVI No.186 (04月号) 2016/04/28

         
 

お役立ち情報満載の『塾maga』は17歳。青春まっただ中 だヨッ!

 
       
         
         
         
 

あなたは常に最新のURLを見ていますか?! 今すぐブラウザの「更新ボタン」を押してみましょう

 

塾生さんのコンサート
第12回「F&Gデュオ・コンサート」
日時:2016年05月05日(木) 13:30開場 14:00開演
入場:無料
場所:逗子文化プラザ さざなみホール
Flute:西川和子 Guitar:西川一
F&Gプロフィール:フルートとギターの頭文字を取ったこのデュオは、Fluteの西川さんが、10年を超える熱心な塾生さんであるのみならず、スペインの絵画などに関する数々の書籍を出版されていて、実に根強い主に女性の読者ファンを掴んでおられる作家さんでもあります。フルートは趣味でながらく年に1回の定期コンサートも開催されていて、ギターを担当するのは、ご主人という、実に仲むつまじい、ご夫婦によるデュオです
演奏曲目も本格的なクラッシックが主ですが、ダニーボーイなどのフォークソングも演奏予定に入っています
GWの「癒やし」として、ぜひ足をお運びください
 
↑目次に戻る↑
(2)
谷 めぐみ第25回リサイタルのご案内
谷 めぐみ第25回リサイタル
小塾ではお馴染みの、日本を代表するスペイン歌曲の歌い手、ソプラノの谷めぐみさんの、恒例のリサイタルが、今年、2016年も開催されることが早々と決定し、05月末からはチケットも発売開始になります
谷 めぐみさんは、本業の歌手の傍ら、スペインの音楽を別の視点から広める活動にも余念がありません。それが、毎日新聞が主催する『毎日メディアカフェ』なるイベントで、こちらも、先日04月01日にその第02回が開催され、毎回参加者が増えていっているようです

そして更に、本号編集の最終段階にて素晴らしいニュースが飛び込んできました
外堀側に位置する小塾とは反対側の内堀側にある
『@セルバンテス文化センター東京』にて、谷さんの歌のクラスが開講することになったというニュースです
05月〜07月の各月に各02回、谷さんが、スペインの歌を歌えるように指導する!と言う講座のようです

ご本人からは「スペイン歌曲に興味をもってくれる人の開拓につながれば嬉しいのですが」とのコメントが届いています
谷さんのオフィシャルサイトはこちら

《スペイン浪漫U》 〜エンリケ・グラナドス没後100年に捧ぐ〜
2016年9月19日(祝)14:00時開演(13:30開場)
会場:Hakuju Hall
   (小田急線/代々木八幡駅・地下鉄千代田線/代々木公園駅)徒歩5分
チケット:5,000円(全自由席)
チケット発売開始:2016年5月20日(金)【チケットぴあ】
後援:スペイン大使館 セルバンテス文化センター東京 日西翻訳通訳研究塾
     
 ↑目次に戻る↑ 
(3)

在Madrid翻訳家・佐藤るみ氏の最新作刊の紹介

magaではすでにお馴染みの翻訳家「佐藤るみ氏」が、今回はSatori出版からではなく、他の出版社(Nocturna Ediciones)から最新の日本物作品をスペイン語圏社会に紹介されています
同出版社は、
Satori出版のように、日本物のみを扱う出版社ではないのですが、日本文学にも興味を示してくれているまだまだホヤホヤの新人出版社ですので、今後の動向を温かく見守っていきたいとおもいます
湯本 香樹実(ゆもと かずみ) 著
「岸辺の旅」
[Viaje a la costa]
本書は、現在同氏が
Satori出版で刊行が開始した吉川英治著の「平家物語(El cantar de Heike)の第二巻の翻訳作業の合間を縫い、Madrid自治大学のJosé Pazó Espinosa氏を手伝う形での出版となりました

「岸辺の旅」[Viaje a la costa]
スペインの書評

     
 ↑目次に戻る↑ 
(4)
「通訳案内士試験対策」模擬試験の実施
昨2015年からの新出題傾向に対応!!
在宅受験もOK:昨年よりプロセスを大幅に改善し、受講しやすくなりました!!(*1)
お申し込みはこちら
e-yaku@gol.com まで
まだ塾生でない方はこちら経由でお願いします
2016年実施予定日:
  第02回)06月25日(土) 14:00〜16:00 → 〆切: 2015年06月18日(又は、通塾受験のみ8名になり次第)
  第03回)08月20日(土) 14:00〜16:00 → 〆切: 2015年08月13日(又は、通塾受験のみ8名になり次第)
模試受験料:(*2)
  (A) 6,300円(内消費税:466円)(一般参加=まだ塾生でない方)
  (B) 6,000円(内消費税:444円)(塾生=通学・通信などの現役塾生或いは休塾3年以内の塾生)
模擬試験(筆記)の内容と概要:
  実際の試験同様 日本史+地理+一般常識+スペイン語(*3)を、全2時間で(本試験の半分の時間)
  但し、出題量も約半分の量
  日本史、地理、一般常識などでは、実際の試験に近いマークシート方式を採用
  模試終了時点で全試験の解答(スペイン語解答例も含む)を差し上げます
  スペイン語試験には、採点+添削をしてご返却!!
(*1) 受験プロセスは、お申し込み頂いてからご説明しますが、超便利・超簡単です
(*2) 初めてご入塾の方は、別途入塾金11,000円(内消費税:840円)が必要です
(*3) スペイン語試験のみ受験可 まずはココをクリックして下さい

 ↑目次に戻る↑ 
(5)


¿ ¿ ¿ ¿ ¿ ¿ スペイン語を駆使した言葉遊びのコーナー ? ? ? ? ? ? ? 101
 

バックNoはここから

一発勝負編(その24):
  その木になにが成るんですか?
  Naranja
  なんにも成らんじゃ〜
   
 ↑目次に戻る↑  
(6)

今月の短文翻訳 (1831-1840) 2016年03月末更新分はこちらでも見ることができます
 
バックNoはこちら
1831  Como saber, sabe, pero no le luce.
    知っているのは知っていても、彼(彼女)はそれを発揮していません
1832  Confiamos en que podremos hacer algo por su empresa.
    あなたの会社のために、我々が何かできる自信はあります
1833  Cuando llegó la otra, no veas la que se armó.
    もう一人の女性(彼女)が現れたとき、彼(彼女)がどんなに凄い騒動を引き起こしたか、君には分からないだろう
1834  Cuando llegue usted al aeropuerto, tendrá el coche que le enviamos para recogerle.
    あなたが空港に到着されます頃には、私どもがお出迎えの車を差し向けさせて頂きます
1835  Fue en un santiamén.
    あっと言う間の出来事だった
1836  Cuando uno está enamorado, no ve ni recuerda lo que había delante.
    恋は盲目 (特にスペイン語の慣用句と言うわけではありませんが…)
1837  Cuanto más estudies, mejores notas sacarás.
    勉強すればするだけ良い点を取れるのだ
1838  Cuanto más te empeñes, menos caso te hará.
    しつこくすればするほど、相手にされなくなる
1839  Debería de estar reservada una habitación individual con televisor para tres noches.
    TV付きの部屋を3日間一部屋予約してあるはずなのだが…
1840  Déjalo así, tal cual.
    現状のままで放置しておいて・そのまま おいといて・そのままにしといて
 ↑目次に戻る↑
(7)

=== FE DE ERRATAS   <<(_ _)>> ===

とりあえず今回は何もなかったようです。ホッ!!(絶対にミスはあるはずなんだけど〜)
 ↑目次に戻る↑
===  過去10ヶ月間の「塾maga」バックナンバーにここから直接アクセス可能  ===  Portada
 ↑目次に戻る↑