本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力をつけたい、伸ばしたい人のためのスペイン語塾
 

Fundado en 1995

Instituto de Traducciones de Tokio

 


 

 
ここは日西翻訳研究塾ホームページ「月刊メルマガ」のNo.103です
 

 

     

過去の月刊メルマガ 「塾maga」をすべて公開しています

2009 年はボク と一緒にゆっくりと歩みましょう!!
 
Fundado en 1995
日 西 翻 訳 研 究 塾
Instituto de Traducciones de Tokio
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
☆                                                                                                            ☆
☆                                                                                                      ☆
☆                       
e-yakuニュース Año X No. 103  (05月号) 2009/05/30                         ☆
☆                                                                                                      ☆
☆                                                                                                             ☆
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
==== 初めて日西翻訳研究塾の「塾maga」を受け取られる方へ ====
『塾maga』は、日西翻訳研究塾が、スペイン語学習者のためのお役立ち情報として、小塾のお知らせも含め、毎月末に定期的に配信する『無料メール・マガジン(「特定電子メールの送信の適正化等に関する法」に則った、特定電子メール)』です
・ 『塾maga』の受信者は、小塾の関係者(現役塾生・休塾中塾生・元塾生・講師)、ならびに、小塾に何等かのお申し込み等をして頂いた方々にのみ配信しております
・ バックナンバーの配信サービスは行っておりませんが、主要な「読み物シリーズは、HP上で公開しておりますのでそちらをご覧下さい
・ お願い!! インターネット上の無料メール・アドレスをご使用の方は、塾magaを正しく受信していただくためにも、e-yaku@gol.comを信頼のおけるメールとしてご登録していただきますようお願い申し上げます。最近「受信拒否」で戻ってくるメールが多発しています
・ 毎年夏の期間中は7・8月号の合併号として8月末に配信致します
・ Apple製のPCをご使用の場合、メール内リンク(「すぐ読む」等)が機能しない場合がありますのでご了承下さい
等、その他配信停止・ご意見・ご希望等も左のボタンをクリックし、連絡をお願い致します

= = = 塾 の 伝 言 板  = = =
下の各々の枠内を1回クリックして下さい。情報満載のページが現れます


¡¡ 塾maga100号 記念企画 !!
詳細は塾HP表紙から
アクセスしちゃって下さい
(^ ^)ゞ

短文翻訳「1000短文達成」記念
大 々 ク イ ズ 〜 〜
豪華懸賞付き「クイズ」開催中

この下の記事をお読み下さい

"El Blog de Iberoamigos"
快調!!コメントもドンドン増殖中
コメントはどうすれば良いの?
この下の記事をお読み下さい

短文翻訳を公募します
詳細はこの下のアドレスをコピーし
あなたのブラウザに貼り付けてアクセスして下さい
http://www.e-yakushiyo.net/Almacen_Mil_Frases_Cortas.htm#01
  - - - - - - - - - - - - - - - - - -
        今月号の目次
  - - - - - - - - - - - - - - - - - -
01 お知らせ

短文翻訳

↓すぐ読む↓   短文翻訳1000短文達成 記念 大クイズ〜〜〜〜
02

塾Blog

↓すぐ読む↓   "El Blog de Iberoamigos" ニュース
03

Café orgánico

↓すぐ読む↓   オーガニック・コーヒーは美味い!!
04 Estudiar en España ↓すぐ読む↓   スペイン留学代行センターについて
05 読み物 Crónica ↓すぐ読む↓   ますます快調! スペイン歌曲の歌い手「谷 めぐみ」の "Hola! バルセロナ"(その9)
06 Chiste ↓すぐ読む↓  「スペイン語と日本語を駆使した言葉遊び」(Chistes de mi tío Chistu -27-)
07 海ちゃん ↓すぐ読む↓  エンジンがかかってきたシリーズ-II- (猫の額)(海ちゃんのスペイン語広場) その4)
08 慣用句 ↓すぐ読む↓  Serie III -205- 
09 短文翻訳 ↓すぐ読む↓  2009年05月末更新分(No.1001-1010)
10 Fe de erratas ↓すぐ読む↓  今回あります <<(_ _)>>

  ■ ホーム・ページの更新情報  ■
2009年05月末の主な更新は以下の各ページです。ご確認下さい

今月の短文翻訳』(2009年05月分を新掲載)

 『海ちゃんシリーズ』(「その33」を追加)

西和対象過去の短文翻訳』(2009年04月分を追加)

 『スペインの慣用句』(「その58」を追加)

Hola!バルセロナ』(その04)

 『ネット上の「塾maga」』(毎月最新版に更新中)

Chistes de mi tío Chistu』(その04)

 『スペイン語圏関係の新刊本紹介』(常時更新中)

e-Tenの「よくある質問集」』(スペイン語学習者の駆け込み寺も随時更新中です!悩みの相談室」)(最近やや更新していません。スミマセン)

その他常にネット上の情報は最新情報に更新していますので、この点ご了解下さい
最新のページを見るには、あなたのPCのブラウザにある「更新ボタン」を押して頂く必要がある場合もありますのでご注意下さい

(1)

短文翻訳「1000短文達成 大々クイズ〜〜〜 大々開催中!!

 
小塾の「短文翻訳」が先月末で「1000短文」を達成し たことは前号でお伝えいたしましたが、前号では「詳細はこちらです」のリンクが外れておりました 大変申し訳ございませんでした
塾HPの表紙ページからでもアクセスも出来たのですが、塾magaから直接アクセスできなかったことで、多くの方からお叱りのメールを頂戴しました
ここにあらためてお詫び申し上げます
そのお詫びとしまして、〆切1ヶ月延長することに致しました
応募の〆切は7月31日です
塾史上初の「超豪華懸賞付き」の大クイズ大会です
ふるってご応募下さい
問題の対象はすべて1〜1000までの短文です

賞品は10名様分をご用意しています
応募者多数の場合は抽選になりますのでご了承下さい
- 「USBフラッシュメモリー(4GB)」(メーカ品)(Win & Mac両用)(白×3)か(黒×2)を5名様に
- 「現代のスペイン史」(20世紀のスペインを知るためには欠かせない一冊:塾頭執筆)を5名様に

なお、フィッシング防止のため、詳細はこの下のブルーの文字列をコピーし、あなたのブラウザのアドレス欄に貼り付けてアクセスして下さい  http://www.e-yakushiyo.net/Almacen_Mil_Frases_Cortas.htm

 
 ↑目次に戻る↑ 
(2)

Noticias sobre "El Blog de Iberoamigos"

小塾が運営する「塾maga読者のためのブログ」は実に 快調に、ドンドンと書き込みやそれに対するコメントが増殖中です
5月は大連休がありましたので、ブロガーたちもGW休みの方が多かったようで、この期間は少し低調でしたが、その後は実に望ましい形 で、バルセロナから、サン・ジョルディのお祭りの写真やバラ園の写真なども掲載され、また、折からの「新型インフルエンザ」の影響で、メキシコからは安否情報や、メキシコの現状などを知らせるブログが提供され、また、日本にも二次感染者が増えてくると、「如何にして新型インフルエンザ(Gripe A)に対処するか!についてのお医者様からのコメント」が掲載される等々、実に、有益な情報が寄せられています

もしまだご覧になっておられない読者がおられましたら、是非一度ご訪問下さい

しかし、「PCにあまり強くないので、コメントしたいけれどどうすればいいの?」とお困りの方のために
ブログ上に「ブログにコメントする手順」を説明したページも登場しています
なお、ブログへのアクセスは、フィッシング防止のため、この下のブルー文字列をコピーし、あなたのブラウザのアドレス欄に貼り付けてアクセスして下さい
  http://e-yakushiyo.net/blog/ 

どのブログも大いに読み応えのある、そして役に立つものばかりですが、中でも「B級グルメ」のカテゴリーなどのような、いわゆる「軽いのり」の「気楽で万人向けの軽い話題」が人気を博しています
無論、スペイン語やスペイン語圏と関連した情報が多いことから、軽く読めるようなブログを読むだけでも大いに勉強になります
しかし、やはり、ブログというのは『参加してこそ楽しく』また『直接的に も役立つ』ものです
今後も、大いにご活用下さい
 
 ↑目次に戻る↑ 
(3)

オーガニック・コーヒー もう飲まれましたか?!!

04月27日のブログで「オーガニック・コーヒー」について の詳細なブログが書き込まれました
メキシコとエクアドルのオーガニック・コーヒーの栽培農家が貧困にあえいでいます
「化学肥料」や「農薬」を体内に入れるという危険極まりない行為を避けるだけでなく、単に「美味しいコーヒーを飲む」 という、極めて贅沢でわがままな行為を率先して行うことで、メキシコやエクアドルの有機農業を営んでいる人たちを、少しでも支援・応援できるのです
塾maga読者への特典もあったようですが、今はもうその特典期間は終了しています
しかしながら、このコーヒー、
本当に美味しい、いや、『うまい』のです
「化学肥料」や「農薬」が入っていないのだから当然と言えば当然なのですが、実に美味しいコーヒーです
これを書いている私は、もちろん、飲んだ上でそう言っています。だから、嘘でも大袈裟でもありません
04月27日の「中南米のフェアトレードコーヒー」と題されたブログを、是非一度読まれることをお薦め致します

 
 ↑目次に戻る↑ 
(4)

スペイン留学代行センターについて

小塾が推薦するスペインの語学学校への留学代行をしてくれる会社です
場所は、東京の市ヶ谷にあります
ですから、塾maga読者だと仰っていただければ、何かプレゼントがもらえるはずです
何か?って?
それはお楽しみと言うことにしておきましょう
スペイン語を勉強しようと言う人にはとても役立つものだと思いますよ
きっと アクセスは、この右のアドレスをコピーし、あなたのブラウザに貼り付けてアクセスしてみて下さい http://www.spain-ryugaku.jp/ 

 
 ↑目次に戻る↑ 
(5)

快調!!Hola! バルセロナ(その10) (谷 めぐみの歌修行) 作:谷 めぐみ  

バックNoはHPで

新しいクラスは順調だった。しかし私はまだ直接スペイン語を理解することが出来なかった。頭の中で一度日本語に翻訳する作業が必要なのだ。話す時も同じである。まず日本語で考え、それをスペイン語に翻訳して口に出す。必死に暗誦している動詞の活用も臨機応変というわけにはいかない。悪戦苦闘が続いていた
9時から12時まで授業を受け、学校帰りにサン・ジュゼップ市場で食料を仕入れる。「誰が最後ですか?」と尋ねてから列に並ぶルール、おつりを足し算で数える店のおばさん達…。日々新たな発見があり、買い物は楽しかった。だが、いかんせんスペイン語と英語で三時間戦った後である。市場へ向う私は毎日放心状態、疲れ果てていた
ある日、いつものように市場近くの狭い道をボンヤリ歩いていると、いきなり向こうから来たセニョーラが叫んだ。「危ない!後ろから車が!」慌てて飛びのいた私の横を一台の車がすり抜けていった。間一髪である。お礼を言わなければ…。ところが動転した私は言葉が出てこない。真っ白になった頭で必死に単語を探す。だが、出てこない。焦り、うろたえ、そのあげくにやっと言えた。「Gracias」と
情けなかった。Graciasさえ出て来ない。一体いつになれば少しは目途が立つのだろう…。お先真っ暗の気分だった。両手に荷物を下げ、重い足を引きずりながらピソへ向って歩く。その途中、ふと先刻の光景が蘇った。耳に飛び込んできたセニョーラの声、とっさに飛びのいた私…。その時、私は、自分が翻訳をしなかったことに気がついた。セニョーラの叫びをスペイン語のまま理解していたのである。ハッとした。思わず立ち止まり、空を見上げた。もしかすると、私の耳と頭はスペイン語を捉えられるようになっているのだろうか?そう思った瞬間、周囲の会話が耳に勢いよく飛び込んできた。単語ひとつひとつが鮮明に聞こえ、何故か、そのまま意味が分かる。何が起きたのだろう?嘆く私を見るに見かねて、スペイン語の神様が降りてきてくださったのだろうか?この日を境に、私はスペイン語が恐くなくなった。いや、楽しくてたまらなくなったのである
「9月になったら電話するように」とM先生から言われていた。電話は苦手だ。身振り手振りも、ニコッと笑顔でごまかすことも出来ない。一度目の電話は英語だった。ここで勇気を出さねば…。私は決心して二度目の電話をかけた。相手が私と分かると、先生はすぐに英語で話し始めた。そこで宣言した「今日からスペイン語で話します」先生「・・・」不安がよぎったが、エイッとばかりに用件を述べ立てた。「・・・」やはり無言である。ダメだ、通じなかったのだ。何がまずかったのだろう?あんなに練習していたのに…。「私の言ったこと、分かりましたか?」おそるおそる尋ねてみた。一瞬の沈黙。そして、M先生は寛大にも答えてくれたのだ「パーフェクト!メグミのスペイン語にありがとう!」
(つづく)
 ↑目次に戻る↑ 
(6)

¿ ¿ ¿ ¿ ¿ ¿ ¿ スペイン語を駆使した言葉遊びのコーナー ? ? ? ? ? ? ? =27=

バックNoはHPで

A:   スペイン語でデートってなんて言うンだっけ?
B:   デートはcita だよ
A:   へー。そうなんだ。スペイン語人って、常に何かcita心があってデートするんだね
 ↑目次に戻る↑  
(7)

=== 海ちゃんとマリアーニョの猫の額スペイン語広場 === (シリーズ-II-)
Rincón del Español Variopinto de Umichan y Mariaño
 -04-

バックNoはHPで

(Hacer caso その2)
あとでね

Luego te hago caso

Umi-chan y Mariaño están jugando con videojuegos, cada uno con el suyo.

海ちゃんとマリアーニョはそれぞれがそれぞれのファミコンで遊んでいる

Umi-chan:

¡Eh! Mariaño, me aburro. ¿Por qué no vamos un rato a pasear y a respirar el aire fresco primaveral?
海ちゃん:ねぇ、マリアーニョ、僕つまんない。ちょっと、散歩でもして新鮮な春の空気でも吸わにゃいか?

Mariaño:

(No contesta)
マリアーニョ:(返事をしない)

Umichan:

¡Eh! ¿No me oyes?
海ちゃん:ねぇってば、聞こえにゃいの?

Mariaño:

¿No ves que estoy en un momento crítico en la batalla más importante con el enemigo? Espérate, que luego te hago caso.
マリアーニョ:敵とのこの大切な一番で負かされそうになっているのがわからにゃい?ちょっと待ってにょ、後で遊んであげるにょ

Umichan:

No se preocupe, D. Mariaño. Parece que todo el mundo me quiere mandar a paseo.
海ちゃん:どうぞ、ご心配なく。にゃんだい、みんな僕のことを邪魔にして、僕なんか散歩でもしてればいいって思ってるにゃ

Mariañoa:

(Irónicamente) ¿No decías que querías pasear?
マリアーニョ:(皮肉をこめて)海、散歩したいって言ってなかったっけにゃ?

El pobre Umi-chan sale solo de paseo. Son las primeras horas de una tarde de mayo con una brisa agradable, seca y fresca.

かわいそうな海は一人で散歩に出かける。5月のある午後の早い時間。心地のよい、さわやかな、乾いた風が吹いている
今月のポイント:
1) por qué no +:一人称複数直接法現在:…しない?(押しつけがましくないお誘い)
2)
Epérate命令形「Espera」の強調 で「te」を付ける
3) No se preocupe, D. Mariaño
:それまでは海ちゃんはマリアーニョに対してで話していたが、マリアーニョに相手にされなかったのが気に入らないので、Vd.に変えることで、距離をとり、嫌味をこめている
4) mandar a paseo「邪魔にする、相手にしない、かかわりたくない、相手を追い払いたい」ときに使う口語表現。ここでは、意図的に「散歩」を生かした補足的な訳。例:Vete a paseo. 「(うるさいので・邪魔なので)どこかに行ってなさい」
でわ、またにゃっ つづく… (Continuará)
↑目次に戻る↑
(8)

=================================================================
スペインの慣用句 == 205 ==

==========================================================================

バックNoはHPで

今回は『no echar algo en saco roto
直訳をすると「破れた袋に何かを入れない」となるが、これは当然のことである。そうなるとこの慣用句は、無駄なことはするなという教訓的な慣用句なのだろうか?と考えるのがごく自然である
破れた袋に何を入れようがすぐに入れたものは出てしまう。そのような無駄をする人はおそらくこの世にはいないだろうし、ましてや如才のないスペイン語人のことだ、そのような馬鹿げたことをするはずもない。よって、これが慣用句だとするならば、他の意味があるはずだ
慣用句というのは人々の日常生活から生まれてくる表現であるにもかかわらず、一向に自然な流れをしない。まあ、だからこそ面白いわけである
政治家や官僚が考えるほど民衆は決してバカではない。にもかかわらず、特に我が日本では、選挙になるととたんに手のひらを返して民衆に頭を下げる政治家の先生たちだが、普段は、概ね民衆をバカにしているのは明白だ。しかし、民衆は物事を常にもう一ひねりし、先の先を読む能力を持っていることをご存じないのだ。「あなたに一票を投じましょう」という民衆の言葉にはもっと奥深いものがあることを我が国の政治家は学ぶべきである。よく落ち着いて考えれば無論それはさほど難しいことではないはずだ。穴が開いた袋に何かを入れると、その穴から入れたものが逃げ出していく分けで、そのような当然なことは決して忘れてはならない。どの袋に穴が開いているのかを忘れると大変なことになる。つまり、「何かをしっかりと覚えておく」というのがこの慣用句の本来の意味というわけだ
  例)
Los jugadores no echaron en saco roto el consejo de su entrenador.
    (監督の助言を選手たちは忘れなかった[覚えていた])
さて、ご質問・ご意見をお待ちしている。(文責:ancla)
 ↑目次に戻る↑
(9)

ゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝ
短文翻訳 200905月末更新分 (
1001-1010)
ゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝ

バックNoはHPで

1.

a) La cita que tenemos con el notario está programada para el próximo martes.
  我々が公証人と会う日は次の火曜日に予定されています

2.

b) La cita que tenemos con el notario está programada para el próximo martes.
  我々は、次の火曜日に公証人に会うことになっています

3.

c) La cita que tenemos con el notario está programada para el próximo martes.
  公証人との約束の日は来る火曜日の予定です

4.

d) La cita que tenemos con el notario está programada para el próximo martes.
  公証人との約束は次の火曜日に予定されています

5.

Con razón se ha desarrollado la industria de máquinas de precisión en la región de Suwa y por eso se le llama la "Suiza de Japón".
  諏訪地方で精密機械産業が発達したのは当然の成り行きであり、だからこそ「日本のスイス」と呼ばれている

6.

Nosotros sólo informamos lo que concierne a nuestro partido.
  我々はわが政党に関する事柄のみお知らせ致します

7.

Tienes que cortar por lo sano. Tengo que irme. Sabes que no puedo irme si me pides que me quede.
  いさぎよく諦めてくれ。行かねばならぬ。お主にすがられれば、拙者がお主を捨てられなくなることくらいはわかっておろう

8.

En su visita a la capital catalana, quedó claro que las iniciativas iniciales ya habían comenzado a dar frutos.
  カタルーニアの州都訪問で、当初の意図が実を結び始めたことが明確になった

9

a) Antonio le hizo tatuar su nombre a su novia en el pecho porque la quería mucho.
  アントニオはカノジョをとても愛していたので、その胸に自分の名前を刺青させた

10.

b) Antonio le hizo tatuar su nombre a su novia en el pecho porque no la quería perder.
  アントニオはカノジョを失いたくなかったので、その胸に自分の名前を刺青させた

 ↑目次に戻る↑
(10)

=== FE DE ERRATAS  <<(_ _)>> ===


前号・第102号でのミス。以下訂正し、読者諸氏ならびに関係各氏には深謝申し上げます
  その1)短文翻訳1000短文達成クイズに関する本文中で、その関連ページへのリンクが外れていました
  その2)「Hola! バルセロナ」のタイトルの部分の最初の文言が違っていました
    誤:新連載
    正:快調
 以上
 ↑目次に戻る↑

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

ホームページはこちらから →→→ http://www.e-yakushiyo.net

                                      (イー訳しよ〜ネッと)

ご意見・ご要望・ご質問・あなたのアドレス変更・配信停止等々

ご連絡はこちらへ→→→ e-yaku@gol.com

  

Tel&Fax:03-3260-2826(有)グルーポ・アルカ
「日西翻訳研究塾」

東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1 イズミ市ヶ谷ビル612

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

 

Copyright c 2009 ITT. AReservados todos los derechos en todas las páginas de ITT).