本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力をつけたい、伸ばしたい人のためのスペイン語塾
 

Fundado en 1995

Instituto de Traducciones de Tokio

 


 

 
ここは日西翻訳研究塾ホームページ「月刊メルマガ」のNo.100です
 

 

     

過去の月刊メルマガ 「塾maga」をすべて公開しています

2009 年はボク と一緒にゆっくりと歩みましょう!!
 
Fundado en 1995
日 西 翻 訳 研 究 塾
Instituto de Traducciones de Tokio
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
☆                                                                                                            ☆
☆                                                                                                      ☆
☆                       
e-yakuニュース Año X No. 100  (02月号) 2009/02/28                         ☆
☆                                                                                                      ☆
☆                                                                                                             ☆
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
==== 初めて日西翻訳研究塾の「塾maga」を受け取られる方へ ====
『塾maga』は、日西翻訳研究塾が、スペイン語学習者のためのお役立ち情報として、小塾のお知らせも含め、毎月末に定期的に配信する『無料メール・マガジン(「特定電子メールの送信の適正化等に関する法」に則った、特定電子メール)』です
・ 『塾maga』の受信者は、小塾の関係者(現役塾生・休塾中塾生・元塾生・講師)、ならびに、小塾に何等かのお申し込み等をして頂いた方々にのみ配信しております
・ バックナンバーの配信サービスは行っておりませんが、主要な「読み物シリーズは、HP上で公開しておりますのでそちらをご覧下さい
・ 毎年夏の期間中は7・8月号の合併号として8月末に配信致します
等、その他配信停止・ご意見・ご希望等も左のボタンをクリックし、連絡をお願い致します


= = = 塾 の 伝 言 板  = = =
下の各々の枠内を1回クリックして下さい。情報満載のページが現れます


¡¡お急ぎ下さい!!
「横 田 工 房」
i        i
(クリック一回情報一杯)
 

¡¡ 塾maga100号記念企画 !!
あまりにも企画が多すぎて
誌上ではすべてご紹介できません
とても分かりやすい詳細を
ネット上にて掲載中です)

(クリック一回情報一杯)

 
¡Ahora en Venta!
「谷 めぐみのNuevo CD」
好評発売中!
(クリック一回情報一杯)
  - - - - - - - - - - - - - - - - - -
        今月号の目次
  - - - - - - - - - - - - - - - - - -
01 お知らせ   ↓すぐ読む↓   100号記念企画優先のため、他のお知らせはお休みさせて頂きます
02 ↓すぐ読む↓    あしからず
03

Anuncios

↓すぐ読む↓   通信のe-Ten通訳ガイド講座に作文添削が加わりました 明日開講え3す!!
04 Anuncios ↓すぐ読む↓   02月25日の『通訳案内士特別講座』大好評!!
05 読み物 Crónica ↓すぐ読む↓   快調! "Hola! バルセロナ" =「谷 めぐみ」の歌修行 = (その7)
06 Chiste ↓すぐ読む↓  「スペイン語と日本語を駆使した言葉遊び」(Chistes de mi tío Chistu -24-)
07 海ちゃん ↓すぐ読む↓  が装いも新たに登場?!(新シリーズ-II-始まる!)(塾maga100号記念事業)
08 慣用句 ↓すぐ読む↓  Serie III -203-
09 短文翻訳 ↓すぐ読む↓  2009年02月末更新分(No.971-980)
10 Fe de erratas ↓すぐ読む↓  <<(_ _)>> 今回もありません

  ■ ホーム・ページの更新情報  ■
2009年02月末の主な更新は以下の各ページです。ご確認下さい

今月の短文翻訳』(2009年02月分を新掲載)

 『海ちゃんシリーズ』(「その30」を追加)

西和対象過去の短文翻訳』(2009年01月分を追加)

 『スペインの慣用句』(「その55」を追加)

よろよろ紀行の対訳版』(「その14」を追加)

 『ネット上の「塾maga」』(毎月最新版に更新中)

Hola!バルセロナ』(「その01」が始まりました)

 『スペイン語圏関係の新刊本紹介』(16を追加)

Chistes de mi tío Chistu』(「その01」 も開始)

 

e-Tenの「よくある質問集」』(スペイン語学習者の駆け込み寺も随時更新中です!悩みの相談室」)

その他常にネット上の情報は最新情報に更新していますので、この点ご了解下さい
最新のページを見るには、あなたのPCのブラウザにある「更新ボタン」を押して頂く必要がある場合もありますのでご注意下さい

 

e-Ten「通訳ガイド講座」に『作文添削』が加わりました


東京圏外にお住まいの方々のために、通信教育で「通訳案内士試験対策講座」が始まったのは、昨年の3月でした
そしてこの度、タイミングも同じ、3月から新しくこのe-Ten講座に仲間に加わりました
昨年3月からの「通訳案内士試験対策講座」は、皆様に大変喜んでいただき、受講生の中には、昨年8月末の一次試験に合格された方も数名おられます
しかしその方々も含め、現在でも多くの方が学び続けておられます
明日3月からの「作文添削講座」は、昨年来、
大変ご要望の多かった講座で、既に多くの方が登録を済まされています
従来からも「作文添削講座」は継続して開講しておりしたが、今回の作文講座は、「通訳案内士試験対策講座」の一環 です
通常のe-Ten講座の中での作文添削講座とは異なる「通訳ガイド試験対策用の課題
(テーマはすべて日本事象)」を月に2回の頻度で学んで頂 きます
詳細はHP上でご覧になって下さい ===>>>

 ↑目次に戻る↑ 
(4)

=== 『通訳案内士特別講座』大好評!! ===


去る02月25日(水)に開催されたこの公開講座に多くの方からお申込みを頂きました ことを御礼申し上げます
小さな教室になんとか詰めに詰めて16名 全員が参加されました
10名近い方々 本当に申し訳ありませんでした あらためてお詫び申し上げます
飛び入りで「日本事象を口述で学ぶ」を担当されているサンチェス先生も参加され て大いに盛り上がりました
本当に貴重なお話を聞けて良かった!!
とても参考になりました
等々、後日、参加者からお礼のメールも頂戴しました

講師の全日本通訳案内士連盟会員でもあるベテランの通訳ガイド山本渉子さんの講義にも熱が入っていました
質問も飛び交い、通訳ガイドに対する並々ならぬ関心の高さと、
皆さんの情熱 とが伝わった とても良い会でした
今後も機会を見つけてこの「通訳ガイド特別公開講座」を時折開催していきたいと考えています
 ↑目次に戻る↑ 
(5)

新連載!!Hola! バルセロナ(その7) (谷 めぐみの歌修行) 作:谷 めぐみ  

谷 めぐみの部屋==>>

週明け月曜日、イガグリ君が街中にある私立の語学学校へ連れて行ってくれた。彼自身が通って良かったから、とのこと。ピソから歩いて15分もかからない。レベルはもちろん初級、クラスは「月〜金・毎日3時間コース」を選んだ。とにかく言葉が出来なければ話にならない。歌のレッスンが始まる9月までには何とかしなければ…。トンチンカンな私もさすがに焦っていた

その日からさっそく授業が始まった。生徒は、オランダ人の大男とシリア出身の美人姉妹、それに私の計四名。担当教師はプレイボーイ風のアントニオ、それに実直、勤勉、どことなく二宮尊徳をイメージさせるミゲルの二人である。まずは全員の共通語、英語での自己紹介が始まった。アントニオは見かけどおり?港の方へ行けば安くて旨いバルがある、とか、「俺はいくつだと思う?」とか、好き勝手なことを言っていた。ミゲルは開口一番「サラマンカを知っているか?」と我々生徒に尋ねた。四人そろって「No」と答えると、彼は大げさに肩をすくめ、故郷サラマンカがいかに素晴らしい土地であるかを滔々と語ってくれた。彼ら二人の奥さんもこの学校の教師だという。次は生徒の番である。まずオランダ男が早口で何か言ったが、喉の奥にこもった発音のせいか、さっぱり聞き取れない。「別に、聞いてくれなくてもいいぜ」とでも言いたげな、ふてぶてしい態度が見て取れた。シリアの美人姉妹、今度は蚊のなくような声である。ショボショボと口を動かしているが、それが英語なのかどうかもよく聞き取れない。三人とも夏休みを利用してバルセロナに滞在しているとのこと。まぁスペイン語が少し話せたらいいな、程度の気分らしい

私の番が来た。「スペイン歌曲を勉強しに来た歌い手です」と言うと、私以外の五人全員が「Oh!」と声をあげた。美人姉妹は異星人でも見るように私を見つめ、オランダ男はニヤニヤ笑っている。ミゲルが困ったように「メグミは一体いくつ?学校はどうしたの?」と訊くので「大学を卒業してきた」と答えると、彼はますます目を丸くした。「こんな小娘がもう大学を卒業してる?しかも、スペイン歌曲を習うためにひとりでスペインへ来た?そんなバカな…」五人が、無言の会話をしている。アントニオが口を開いた。「歌手なら、Bésame muchoを知っているか?」「もちろん。でも私が勉強する歌はジャンルが違う」「じゃぁ何を歌うんだ?」「グラナドス、ファリャ、モンポウ、他にもスペインの作曲家の作品が沢山ある」「・・・」この日本人の言うことを信じようか、信じまいか、アントニオとミゲルが顔を見合わせた。シリア姉妹は飽きてオシャベリに夢中、オランダ男は「アホらしい」という顔つきで窓の外を眺めている。ミゲルが急にニコニコして言った。「分かった!メグミは人生の休暇を過ごしに来たんだ!バルセロナはおあつらえ向きの街だよ。楽しんでね!」「・・・」私は理解してもらうことを諦めた。もう何者と思ってくれてもいい。とにかく早くスペイン語を教えて!!と叫びたい気分だった
(つづく) 
 ↑目次に戻る↑ 
(6)

¿ ¿ ¿ ¿ ¿ ¿ ¿ スペイン語を駆使した言葉遊びのコーナー ? ? ? ? ? ? ? =24=

  今回は『塾maga』発行100回記念号!!この記念すべき号で、このコーナーも第24回目という12進法では節目の回!である今日はなんとしてもバッチシ決めるゾ〜!! オ〜!!
    ということで、今回はとっておきのをイッパツ!!を
     
先生:   ところで。たとえ老いても人の世話にはなりたくないものだなぁ
生徒:   そんなことを言っても年には勝てませんからねぇ。先生
先生:   お〜〜〜、危ない! ¡Por poco me caigo!
生徒:   だから言ったでしょう!先生。年を取れば「介護」は必要なのですよ・・・
 ↑目次に戻る↑  
(7)

===== 海ちゃんとマリアーニョの猫の額スペイン語広場 ==== (シリーズ-II-)
Rincón del Español Variopinto de Umichan y Mariaño
 -01-

シリーズ -I-バックナンバーはこっちにゃ!

海ちゃんの全体像がHP上の2箇所に貼り付けてあります。1箇所はこちらです ==>>あと一つは?

新連載(シリーズ-II-)では、海ちゃんとマリアーニョの楽しい会話を通して更なる学習効果を引き出すことに主眼をおき、ランダムに選んだ単語や表現などの使用例に重点をていきます。この海ちゃんとマリアーニョの楽しい会話から何かを学んでいただきたいというのが意図です。もちろん!!二匹の洒脱で可笑しい会話はこれまで通りです!!アウトーラも第二段に向けて大いに張り切っています
注目して頂きたい単語や表現などは、すぐにそれと分か
るように、で表示します
Espantosos días de Mariaño (マリアーニョのひどい日常)

Mariaño:

  “¡Qué espantosa rutina diaria! Me levanto a las 8 de la mañana, me desayuno y vuelvo a dormir por unas horas. Me despierto y almuerzo y vuelvo a hacerme un ovillo en el brasero japonés “kotatsu” y paso ahí unas horas. Luego llega la hora de cenar. Ceno. A continuación me ducho y me voy a la cama, así sucesivamente todos los días… Quiero poner fin a esta rutina tan espantosa que me aburre. Fíjate que estoy durmiendo de esta manera desde el pasado agosto. ¡Eh! Autora!No te pases el tiempo tocándote las narices. Dame una vida más entretenida.

 

 
マリアーニョ:   何てひどい日常生活!朝、8時に起きて朝ご飯を食べる。そしてまた数時間寝る。また起きて、昼ごはんを食べて、今度はコタツで丸くなって数時間過ごす。そしたら、夕ご飯の時間になる。食べる。それからシャワーを浴びて、また寝る。毎日、毎日がこんな具合にょ。こんな退屈なひどい日常に区切りをつけたいにょ。僕ちゃんは去年の8月からずっとこんな具合だにゃ。アウトーラ(作者)、サボってないで、もっと楽しいニャン生(人生)を僕ちゃんにくれにゃっつ!
Umichan:   ¡No le eches la culpa a la autora! Es tu responsabilidad vivir tu propia vida. Lo que pasa es que la primavera está a la vuelta de la esquina y es la estación en la que más sueño tenemos de todo el año.

 

 
海ちゃん   人のせいにしちゃだめにょ。君の人生は君が責任をもって生きるのにゃ。それにしても、一年で一番眠い春がもうすぐそこまで来ているにゃぁ
  今月のポイント .
Espantoso:「ひどい ・すごい」
   例:
Ronquido espantoso de Mariaño (マリアーニョのすごいいびき)
Tocarse las narices:「サボる・何もしない」
  例:
Mi hija lleva todo el día tocándose las narices.(娘は一日中何もしないで過ごしています)

A la vuelta de esquina:「とても近くに」「すぐそこに」時間的、物理的、心理的な距離が近い場合に使う
   例-1:
La navidad está ya a la vuelta de la esquina.(もうすぐクリスマスです)
   例-2:
El primer encuentro con mi querida Mique estaba ya a la vuelta de la esquina.(愛しのミケとの最初の出会いはもう間近だったのにゃ)
   例-3:
El buzón está a la vuelta de la esquina.(ポストはすぐそこにあります)
でわ、またにゃっ つづく… (Continuará)
↑目次に戻る↑
(8)

=================================================================
スペインの慣用句 == 203 ==

==========================================================================

バックNo.はこちら

2回連続して動詞quitarを扱ったので、今回はそこから抜け出し、『salir [una cosa / algo] redonda[o]』をご紹介することにしよう
この慣用句は、スペイン語圏で生活された読者であれば、一度も耳にしたことがないという人は少ないだろう、と思われるほど実にポピュラーな慣用句である。もっとも、理解されているか否かは別にして…の話だが。そりゃそうだろう。海外に何年間か留学、或いは赴任していたからといって、必ずしも「その国の言語を100%マスターして帰ってこられる」といったような、そんなにうまい話はそうコロコロとはその辺に転がっていないのだから。いや、現実はその全く逆で、ほとんどの場合、例え4年、5年という結構長期の海外滞在経験をしたことがある人でも、決して「流暢に話す・すべて分かる」な〜んてことはほぼあり得ない。そんなに世の中すべてがうまく行けば、塾だって必要なければ、教師も必要ない。うじうじと日本で外国語を勉強する時間とお金があるのなら、外国語を学びたい人はすべて外国に行けばよいのである。しかし、現実はそのようなことはまず無理なのである。世の中そう甘くはないし、すべて「○」という分けにはいかない。それが人生である。そう、その通り。そう簡単に物事は『
salir redonda』とはいかない。だからこそ人生は面白い、とも言える。少なくともそうとでも考えないと、馬鹿らしくってあくせく働いてなんかいられますか〜ってんダーーー。ねぇ、そうでしょう?そう思いません???(トホホ…)

  例-1)
Salió todo redondo después de todo lo que se habló, lo que se dijo.
      (色々取りざたされたものの、結局全て旨くいった)
  例-2) Ellos apostaron por ese caballo y la jugada les salió redonda.
      (彼らはその馬に賭け、思い通りの結果を得た)
さて、ご質問・ご意見をお待ちしている。(文責:ancla)
 ↑目次に戻る↑
(9)

ゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝ
短文翻訳 200902月末更新分 (971-980)
ゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝゝ

バックNo.はこちら

01. A) Nos vemos en Yuraku-cho.
  有楽町で逢いましょう(逢うことが明確に決まっている)
02. B) Nos veremos en Yuraku-cho.
  有楽町で逢いましょう(逢うことが決まっているが遠回しな表現で日程までは決まっていないかもしれない。Aの状況と全く同じの場合もある)
03. C) Vamos a vernos en Yuraku-cho.
  有楽町で逢いましょう(典型的な「促し・希望的観測」であって、出会いの詳細は未定)
04. D) Veámonos en Yuraku-cho.
  有楽町で逢いましょう(命令形であることでCよりも強い「促し」)
05. No quiero que me invites. ¡Ni que fueras rico!
  君に奢って欲しくなんかないよ。お前はそんなに金持ちなのか!?
06. Quiero que sepas que nunca te traicionaré.
  決して君を裏切ったりしないってことを分かってほしい
07. Los enfrentamientos arrojaron un muerto y varios heridos.
  衝突は死傷者数名をだした(死者一名と数名の怪我人をだした)
08. Estaba para salir cuando sonó el teléfono.
  電話がなったとき、私は出かけようとしていた
09. A) Vieron que llegaba cansada.
  彼女が疲れて到着したのを、彼らは見た(分かった)
10. B) La vieron llegar cansada.
  彼女が疲れて到着するのを、彼らは見た(分かった)

 ↑目次に戻る↑
(10)

=== FE DE ERRATAS  <<(_ _)>> ===


前号はさしあたってお詫び申し上げるほどのミスはなかったと思います
 ↑目次に戻る↑

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

ホームページはこちらから →→→ http://www.e-yakushiyo.net

                                      (イー訳しよ〜ネッと)

ご意見・ご要望・ご質問・あなたのアドレス変更・配信停止等々

ご連絡はこちらへ→→→ e-yaku@gol.com

  

Tel:03-3260-3617 Fax:03-3260-3570(有)グルーポ・アルカ
「日西翻訳研究塾」

東京都新宿区市谷砂土原町3-4-1 イズミ市ヶ谷ビル612

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

 

Copyright c 2009 ITT. AReservados todos los derechos en todas las páginas de ITT).