本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力をつけたい、伸ばしたい人のためのスペイン語塾
 

Fundado en 1995

Instituto de Traducciones de Tokio

 


 

 
ここは日西翻訳研究塾ホームページ「月刊メルマガ」のNo.09 y 10です
 

 

     

過去の月刊メルマガ 「塾maga」をすべて公開しています

日 西 翻 訳 研 究 塾
Instituto de Traducciones de Tokio

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
☆                                                                                ☆
☆    e-yaku ニュース・ No.9 y 10 (7・8月合併号)2001/08/31      ☆
☆                                                                                ☆
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 スミマセン。今年は蛇年なのでしばらくおじゃましま〜〜〜〜〜す。尚、このミドリの動く蛇君や、ページ冒頭の風船ロゴや背景の風船画などはMacやその他のOSでは画面上に出ない場合がありますがご了承下さい。
 
初めてこのメールを受け取られる方へ。
 このメールは、日西翻訳研究塾が基本的に毎月末、スペイン語学習者のお役立ち一口メモと共に、塾のお知らせをするための、ネット上のごくごく簡単な定期的かつ一方的なメール(メール・マガジンの小型版)です。過去のバックナンバーをご希望の方は遠慮なくお申し出下さい。もっとも、『Monólogo de un pasota』は、今後、第1回からホームページにも掲載する予定をしておりますので、お急ぎでない場合は少々お待ち下さい。逆に、受信をご希望でない場合は、このメールの一番下の宛先までその旨をお知らせ下さい。
-------------------------------------------------------------
お   知   ら   せ
-------------------------------------------------------------

 ◎ ワールドカップの通訳登録開始      日韓合同開催による、サッカーのワールドカップがいよいよ来年に迫って参りましたが、スペイン語圏からも5〜6チームが参加する予定です。そこで、本塾の良き理解者でもあり、本塾ホームページで連載中の『武蔵』の執筆発行者でもあるアルベルト松本氏を通じて、本塾の塾生に通訳登録の依頼がありました。通訳の内容は、VIPの付き添いから、トレーニング・キャンパスでもサポートまで様々です。ボランティアではありませんので、今から登録しておかないと、いざ開催になったときにはもう遅いわけです。登録用紙は塾に備え付けておきますので、もし興味ある方はなるべく早めに登録を住ましておかれるようにお薦めします。
★ 9月からの新学期が明日から始まります。
      まずは『変更のお知らせ』です。
        諸般の都合により『メキシコのスペイン語会話』と『経済・時事翻訳クラス』の曜日が入れ替わると同時に、以下のように変更いたします。変更前のデータとの比較はややこしくなりますので、変更後の正しいデータのみをお知らせいたします。
    ◎『メキシコのスペイン語会話』 第1・2・3木曜日(年間36回)19:00〜21:00
(授業料の変更はありません)
(まだ定員に余裕があります)
    ◎『経済・時事翻訳クラス』        第1・3・4月曜日(年間33回)19:00〜21:00
                                                  (授業料は\16,000から\12,000に変更)
           尚、年に2回の特別レクチャー、神田外語大学 国際コミュニケーション学科の学科長・経済博士の戸門 一衛 教授をお迎えしての、経済の特別講義の初回の講座は10月1日です。
(両クラスとも定員にまだ余裕があります)
★ 秋のDELE試験の要項が決まりました。
試験日は11月10日(土)です。詳しくはホームページのDELEを見て下さい。
ホーム・ページも見てね
www.e-yakushiyo.net
8月中旬にHPへのアクセス数が10,000件を突破しました。
これもひとえに皆様のご支援の賜です。
ありがとうございました。
今後ともどうぞ宜しく。
広告なども入り、ますます充実しています。
 
☆ その広告のお話です。《アクセスしよう
    広告主は、H.M.Planning.S.L.という、1994年スペインで創業された会社で、スペインへの企業進出や、ロングステイ、そして何といっても私たちスペイン語を勉強するものには強い見方となる、スペインの大学への留学とホームステイのサポート(楽しく学ぼうスペイン語留学 http://www.Doortospain.com)をサービスとしている企業で、日本にも連絡事務所があります。お世話をして下さるのは、日本企業の駐在員をされていた、スペインのことなら何でも知っているという森氏です。如何に、HPの最近の更新項目をご紹介いたします。
 
@)『太陽の扉・スペイン長期滞在』。当面アンダルシアの5ヵ所のみですが、カディス県内他合計20ヵ所に順次拡張予定です。
A)『スペインでお役に立つ情報』をフレームを外し、企業進出編と長期滞在編の独
立のページとしました。
B)『スペインでお役に立つ情報』長期滞在編に『クリスディーナのスペイン家庭料
理教室』を設けました。現在料理5点ほどですがどんどん増やしていきたいと思っております。
☆ Buena Noticiaをもう一つ。
    日本でRenfeの切符が入手可能です。ご存じでしたか?スペイン国鉄日本総代理店株式会社プレステージインターナショナルです。この旅行エイジェントは、スペインにも支店を持っているので大変便利ですすし、対応も親切でしっかりしています(経験からの印象です)。格安航空券もゲットできます。ご興味のある方はお尋ね下さい。
 
☆ Buena Noticiaをもう一つ。
    お待たせしました!イベロアメリカ・サロンを再開します。
再開「イベロアメリカ・サロン」の第1回を下記の要領で開催しますのでふるってご参加下さい。先着20名で締め切らせていただきますので、早めにお申し込み下さい。今年のNHKテレビスペイン語会話は、今話題のキューバを題材にして人気のようです。今回は「私の愛するキューバ Cuba, Mi Amor」と題して、『旅の指さし会話帳 キューバ』の著者である滝口西夏さんをお招きして、キューバの最新事情とそこで話される独特なスペイン語について話を伺います。滝口さんは、1969年生まれで早大文学部を卒業後、旅行代理店を経てハバナ大学でキューバ文化を学び、95〜98年の3年間キューバで生活を経験した後、現在はフリーのスペイン語翻訳と通訳の仕事に従事しています。特に、我が国初のキューバ語教室である『クバニスモ Cubanismo』を主宰し、注目を集めています。詳細は、
http://www2.ocn.ne.jp/~cubanism/ をご覧下さい。
日時:9月29日(土) 午後3時〜4時半
会費:1,000円(コーヒー代含む)
場所:メキシカン・レストラン「エル・アルボル」(四谷駅下車2分)以下のサイトの地図で場所を確認して下さい。http://home9.highway.ne.jp/el-arbol/

*『旅の指さし会話帳 キューバ』(情報センター出版局 定価1,785円 税込み)を特別販売価格1,600円で当日販売いたします。希望の方は連絡下さい。出版社の以下のホームページをご覧下さい。
http://www.4jc.co.jp/yubisashihp/yubisashi.html
*サロン終了後、スピーカーを囲んでおつまみとビールを飲みながら懇親会も予定していますので、参加希望の方はお知らせ下さい。会費は別途1,500円ぐらいです。申し込み先:イベロアメリカ・サロン 滝沢までsamtaki@cg7.so-net.ne.jp先着20名で締め切らせていただきますので、早めにお申し込み下さい。
☆ スペイン語の月刊誌『MUSASHI(武蔵)』も好評掲載中です。ページが更に充実してきました。
★ 大好評連載中の月替わりの『短文翻訳』とそのバックナンバー・ページも更新済みです。
(www.e-yakushiyo.net) 大きく?変更しました。是非ご覧下さい。
-----------------------------------
Monólogo de un pasota
------------------------------------
   引き続き符号や記号(signos)シリーズです。今回は、comillas(引用符)のお話です。
    スペイン語では、日本語ほど引用符の種類は多くありません。日本語の場合は、日本語の中の引用符ではなく、外国語の引用符をも多く加えた上での乱用に近いものがあります。
    スペイン語に使用されるのは、せいぜい、つまり、多くて4種類だけです。しかも、出来れば2種類が望ましいことになっています。それらは、ラテン引用符(Comillas latinas)と呼ばれる『" "』と『《 》』の2種類です。その他にスペイン語表記で使用される引用符は、Comillas inglesas『“ ”』と、Comillas simples『‘ ’』です。
    優先的にComillas latinasを使用し、後のComillasは、それら2種類を先に使用してしまって、その中で更に引用符を使用したい場合などにとっておく、という方法が良いとされています。
例) 《La promesa que papá me hiciste cuando jugabas con “mamá” disfrazado de Papá Noel》
        「パパがサンタクロースになって『ママ』と遊んでいたときに僕にしてくれたお約束だよ」
    このmamáにcomillasを付けてあるというのは、前後の関係がどうなっているのか分かりませんので、果たしてどういう意味かは明確ではありません。但し、このmamáにcomillasを付けてあることで、その女性が、例えば、『義母』、『継母』、『お父さんの内縁の妻』、『ママというニックネームの女性』等々様々想像できますが、ハッキリしていることは、本当の自分(この言葉を発した子供)の母でないことだけはハッキリするわけです。
    ではここで、スペイン語では、どのような場合にComillasを使用するのかを見てみましょう。 
    まず、左記の例にもありましたように、文章中の会話や、何らかの決まり文句などを示す場合に使用するのが通常の使用方法(例文-1)です。また、人名の中の、異名・通り名・あだ名などを表記する場合(例文-2)にも使用します。或いは、文章中の言葉や文などを強調したい場合(例文-3)、それと、やはり文中で別の作品や書籍名などを示す場合(例文-4)にも使用します。では、それぞれの例文を以下に上げますので参照して下さい。
例文-1) Creo que padece usted 《síndrome de Estocolmo》.
            貴方は『ストックホルム症候群』にかかっておられるようですな。
例文-2) Ya estás perdido Simón Cárdenas 《el Bardo》.
            シモン・カルデナス『エル・バルド』、お前さん、もうお終いだな。
例文-3) Una señora 《atildada y educadísima》 que, al verme parado frente a su puerta, se introdujo en la negrura del corredor de su piso para emerger segundos después con un par de píldoras y entregármelas.
           『実に教養のあるお洒落』なご婦人が、僕がドアの前に立っているのを見ると、数秒後にアスピリンを数錠手にして現れ、僕に渡してくれるため、廊下の薄暗闇の中に消えていった。(注:つまり、皮肉を込めてその部分を表現していることになります)
例文-4) Se me vino a la mente la frase del 《Otelo de Shakespeare》 según la cual 《vale más ser engañado mucho que saber sólo un poco》.
            『シェークスピアのオセロー』の一節が頭に浮かんだが、それは『大いにだま騙されよ。僅かを知るよりは良い』というやつだった。(この例文では、1と4の両方の使用方法がでています。)
    さて、いつものように、使用にあたって、犯してはならないよくある間違いを見てみましょう。
    いつものように、『coma","』や『punto y coma";"』に関連した注意ですが、必ず、Comillasの終了符は、これらの前で使用します。
正しい例) Él apretó el botón, dejando caer la bomba sobre Hiroshima, del 《Enola Gay》, confesó.
          彼が『Enola Gay』の投下ボタンを押し、広島に原爆を落としたのだと言った。
    但し、Comillasで強調したいような文章全体や言葉が疑問文や感嘆文の場合は、疑問符や感嘆符は、Comillasの中で、完結させてしまうようにしましょう。

===============================================================
ホームページはこちら →→→ http://www.e-yakushiyo.net
                                                        (イー訳しよ〜ネッと)
===============================================================

 __/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

ご意見・ご要望・ご質問・あなたのアドレス変更・配信停止など

 すべてのご連絡はこちらへ →→→ e-yaku@gol.com

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

162-0842新宿区市谷砂土原町3-4-1 イズミ市ヶ谷ビル612
Tel:03-3260-3617 Fax:03-3260-3570

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

Copyright c 2009 ITT. AReservados todos los derechos en todas las páginas de ITT).