本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力をつけたい、伸ばしたい人のためのスペイン語塾
 

Fundado en 1995

Instituto de Traducciones de Tokio

 


 

 
ここは日西翻訳研究塾ホームページ「月刊メルマガ」のNo.04です
 

 

     

過去の月刊メルマガ 「塾maga」をすべて公開しています

 

日 西 翻 訳 研 究 塾
Instituto de Traducciones de Tokio

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
☆                                                                              ☆
☆                   e-yaku ニュース・レター No.4  2001/03/01       ☆
☆                                                                              ☆
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 
もうそろそろ、春かな?嬉しいな!! 

★ 『あなたも挑戦・短文翻訳』の今月分はもう縦覧可能です。是非見て下さい!!
http://
www.e-yakushiyo.net (イー訳しよ〜ネッと)

-------------------------------------------------------------
お   知   ら   せ
-------------------------------------------------------------

★ 2000-2001年度後期の改善策
      塾生の熱心な学習に対する意欲と、関係者のみなさまの多大なるご支
    援を得て、本塾もお陰様で開講半年が過ぎようとしています。
        これを機会に、各クラスの更なる発展と、グローバルな視点から見た全
    体のバランス調整を目的に、以下のような一連の改善策を施すことになり
    ました。尚、初級翻訳・セミプロ翻訳・メキシコのスペイン語会話の3クラス
    は、今回は目立った改善策は導入しません。
 
  ○ 『プロ通訳の世界』
           ★ カセットテープによる通信教育制度を開始します。
                    受講生に大きな評価を得ているこのクラスに参加したいが、地
                理的な問題で通えない関東圏外にお住まいの学習者の強い要望
                を受けて実施します。
           ★ 聴講生を受け入れます。
                    これは、まだレベルの点で完全に授業についてはいけないけれ
                    ども、通訳になりたいので是非授業に参加したいという方々の要
                    望に応えるものです。
(以上2点についての詳細はホームページをご覧下さい。)
 
  ○ 『中級翻訳』
           中級の場合は、実は特に改善策を準備していなかったのですが、偶然
        に中村講師の個人的理由による退任と重なりました。残念です。中村先
        生ご苦労様でした。
            しかし、この予期していなかった交代は、必ずこのクラスの改善にもつ
        ながるはずです。ちなみに、その期待に応えて、後任には、現在、日本大
        学国際関係学部で教鞭を執っておられる『松井 賢治』先生が就任されま
        す(HPの講師紹介をご参照下さい)。
   ○ 『上級翻訳』
            和西翻訳を強化するため、日本人講師とネイティブ講師が段階を追っ
        て添削する、いわゆるセミプロクラスと同様の方式を、この上級クラスにも
        導入し、より力強くセミプロレベルに迫っていきます。
  ○ 『プロ翻訳』
            語学学習の最終段階を十分に意識したプログラムを組みます。よっ
            て翻訳のみにこだわることなく、より幅広い知識を習得することを目
            指します。従来の方式も一部維持しますが、今回の改革では、プロ
            レベル以下のクラスで勉強をする塾生にとっては、ゴールが更に遠
            のくことを意味しますが、それだけ、このプロ翻訳クラスに到達する
            ことへの挑戦心や意欲、そして、何よりもその最高峰を制覇したと
            きに、より大きな価値を見いだしていただけるようになることと考え
            ています。尚、改革の最大の目玉は辞書使用禁止(但し、日日・西
            西を除く)となるでしょう。
 ★ 翻訳『Entorno』ゼミについて
        4月17日(火)と5月8日(火)の『瓜谷文法塾』(19:00-21:00)の受講応募は
        もう少しお待ち下さい。
                    客員講師:拓殖大学 瓜谷 望 教授
                    テ ー マ:「スペイン語文法解説」
                                    (冠詞はいつ使っていつ使わない?−その2−)
          受講料は\15,000-(月額)
 ------------------------------------
            Monólogo de un pasota
------------------------------------
          今回からは、少々趣向を変えて、教科書や辞書などでは以外に扱わ
            れていないスペイン語のお話をしていきましょう。ごくごく基本的なとこ
            ろから始めますので、おさらいのつもりで読んでみて下さい。まずは符
            号や記号(signos)について、何度かに分けてお話しすることにしましょう。
 
            まず、日本語の『。』に相当する『punto"."』です。puntoには3種類ありま
            す。まず、『el punto y seguido』ですが、これは通常の文章の中で、一旦
            文章を完結させるものの、次の文章も同じ行で続ける時に使用する『。』
            です。無論、次の文章の先頭の文字は大文字で始めなければなりませ
            ん。次は『el punto y aparte』ですが、こちらの方には行を変えて節をあ
            らためるという大切な役割があります。←この『。』が『el punto y segui- punto y segui-
             do』です。一つの大きな区切りをつけるわけです。3つ目は『el punto
             final』ですが、文字通り、テキスト全体の終了を指します。←、この『。』
              が『el punto y aparte』です。
             書かれたものを正確に朗読するとき(dictadoなど正確に筆記者に文章
             を伝えるとき)には、ただ単に『punto』ではなく、これらの3種類(主に前2
             者)の『puntos』を使い分ける必要があるというわけです。
 
             次に、日本語の『、』に相当する『coma","』です。最近は日本語の印刷
            物でもこのcomaを『、』の代わりに使用する傾向があるようですが、小数
            点などが多用されるような文章では実に煩雑で読みづらい状況になりま
            す。それはさておき、スペイン語での用途も日本語同様、一つの文章中
            での『息継ぎ』に使用されるのが常ですが、スペイン語の場合にはそれ
            以上の役目を果たしている場合があります。特に注意を要するのは、
            日本語であれば何らかの形の括弧を使用して強調したりする部分など
            に、このcomaが使用されることです。スペイン語独特の修飾修飾の連
            続で長い長い一文にもcomaは当然通常の用法で使用され、その上に
            同じcomaで強調されても、外国人にはその解読は非常に困難なこと
            が多々ありますので、その見極めが困難な場合が多々あります。
             一方、スペイン本国では小数点をpuntoでは表さずにcomaを使用する
            ことはよく知られていますが、以外に知られていないのが、『123,45』でも
            『678'90』でもいずれもOKだということでしょう。つまり、小数点のcoma
            を上でも下でもどちらに付けても良いというわけです。(←、この『。』が
            『el punto final』です。(いや、本当はこちらかな?))

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

ご意見・ご要望・ご質問・あなたのアドレス変更・配信停止など

すべてのご連絡はこちらへ →→→ e-yaku@gol.com

__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/__/

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

162-0842新宿区市谷砂土原町3-4-1 イズミ市ヶ谷ビル612
Tel:03-3260-3617 Fax:03-3260-3570

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

Copyright c 2009 ITT. All Rights Reserved (Reservados todos los derechos en todas las páginas de ITT).