翻訳・通訳学習を通して、本格的に、そして、本腰を入れ、じっくりとスペイン語を学び、実践的なスペイン語力を身に付けたい、伸ばしたい人のための塾です

Fundado en 1995

スペイン語翻訳通訳

Instituto de Traducciones de Tokio

ここは日西翻訳研究塾ホームページ「Maya歴・表紙」のページです

Cinta_Pesame.gif (882 バイト)

Inicio Maya グレゴリオ暦? 変換カレンダー
Exel版(284kb)
相関定数 365/260日暦? ページ印刷 通学塾
マヤ暦とは? ユリウス暦? 変換の原理 参考図書(PDF) マヤ・ユリウス日数 Musashi eラーニング
 

日西翻訳通訳研究塾は石巻のサン・フアン館を応援しています

 

この『マヤ暦』のページは、2003年中頃まで本塾の塾生であった尾上 光紀 氏が、大変なご苦労の末に完成された『マヤカレンダー双方向自動変換プログラム(以下、変換カレンダー)』を、同氏のご協力を得て本塾がネット上で公開 しています。すべての解説などは同氏が書かれたものを、ホーム・ページ用に本塾が若干編集したものです。よって、本『マヤ・カレンダー』のすべてのコピー・ライトは、尾上 光紀 氏ならびに、本塾に帰属します。転記・その他、利用を希望される方は、お手数ですがご一報ください→

この種のソフトはいくつか世界中に存在しますし、ネット上でも公開はされています。しかしながら、これほど『正確・シンプル・分かり易い・完璧』と四拍子揃ったプログラムは、他には存在しないと考えます

この変換カレンダーは、本来同氏が学術的な目的で制作されたものですので、いかなる専門家の使用にも耐えるものであることも併せてお知らせしておきます

尚、最初にお断りしておきますが、特に断りがない限り、この変換カレンダーの相関定数は『GMT:584283』を使用します

現在我々が使用しているグレゴリオ暦との変換はもとより、グレゴリオ暦の基となった、かのシーザーが作ったというユリウス歴との変換、さらには、これら二種類の西洋暦間の変換までも可能です

専門的なことは本塾にもよく分かりませんが、「私の生年月日はマヤ暦だと何年?」・「結婚記念日はユリウス暦では何年何月になるの?」などといった、極めてミーハー的な欲求も満たしてくれますので、一度試してみて下さい

マヤ長期暦について、「興味はあるがあまり詳しくは知らない」という方もおいでかと思います。計算そのものは自動的にするようにプログラミングしてありますが、その仕組みを知っているほうが面白いかとも考え、変換に当たって必要な項目についても説明を試みてあります。参考にしてください

これがきっかけでマヤの暦やマヤの歴史などにも興味を持たれる方が一人でもおいでになれば、幸いです

さあ、ではページ上部のインデックスから、マヤカレンダーのページをナビゲートしてみてください

なお最後になりましたが、このマヤ暦に関するご質問は受け付けておりません。受け付けたいのは山々ですが、尾上氏ご本人が 、2003年07月30日、残念ながら帰らぬ人となってしまわれました からです。しかし、小塾は氏のご意志と、また氏のご苦労、氏のスペイン語に対する熱い思いなどを受け継ぎ、今後もこのマヤ歴に関するページをずっと小塾のHP上で掲載し続ける所存です。(Descanse en Paz)
Cinta_Pesame.gif (882 バイト)
 

www.e-yakushiyo.net
      (e-訳しよ〜ネッと)